人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像1

運営 株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
住所 東京都千代田区丸の内3-3-1(新東京ビル)
TEL 03-5293-1888
受験料 【スペシャリストレベル(一般)】
一般価格:10,584円(9,800円+消費税8%)
学割価格:8,424円(7,800円+消費税8%)
【エキスパートレベル(上級)】
一般価格:12,744円(11,800円+消費税8%)
学割価格:10,584円(9,800円+消費税8%)
合格率 未公表
活躍業種 人事・総務・経理などPCを使う業種
おすすめポイント自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!

比較ランキング第5位は、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)です。

MOSとは、ExcelやWordなどMicrosoft Office製品の使用スキルを証明できる資格のこと。

MOSの特徴は、合否の結果が受験後すぐに判定されるスピーディーさにあります。

資格取得の当日から履歴書に記載できるため、「すぐにでも資格がほしい!」という方に最適な資格です。

そんなMOSは、日本はもちろん世界的に試験が実施されています。

世界共通の合格認定証やデジタル認定証が発行されるため、世界で通じるスキルを証明できます。

MOSを取得するメリット

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像2
まずはMOSを取得するメリットについて紹介していきます。

MOSを取得することには主に4つのメリットがあります。

■ 自らのパソコンスキルを客観的に証明できる

1つ目は、MOSを取得することで資格取得者のパソコンスキルを客観的に証明できる点です。

ExcelやWordを使える人は数え切れないほどいますが、それらを最大限に活用できるスキルを持っている人の数は絞られてきます。

MOSの資格を持っていれば、目に見えないスキルを客観的に証明することが可能。

バージョンごとに異なるMOSの資格が用意されていることも特徴です。

■ 資格取得のための学習が実務に直結

そして、2つ目のメリットはMOS資格取得のための対策学習がそのまま実務に直結する点です。

MOSの試験は実際のアプリをコンピュータ上で操作する実務試験となっています。

そのため、資格取得のために学んだ内容はすぐに実務でも活かせるスキルとなるでしょう。

つまりMOSの資格取得を目指すことは、試験のためだけの勉強で終わってしまうのではなく、すぐにでも現場で働ける人材に成長できるということです。

■ 人事・総務・経理はもちろんそれ以外の業務効率も向上

3つ目のメリットは、業務・作業効率が向上することです。

MOSの勉強をすることで様々な機能を活用するスキルが身につき、職場でパソコンを使用した業務を行う際の効率が向上します。

人事・総務・経理でこのスキルが活きるのはもちろん、それ以外の業務をする場合にも役立てられること間違いなし。

■ 就職・転職に活きる資格

4つ目に挙げられるメリットは、MOSは就職や転職に間違いなく活きるという内容です。

ExcelやWordの使用スキルは数多くの企業で求められるもの。

そのため、就職や転職の際に自らのパソコンスキルをアピールしやすいです。

多くの企業では社員教育として導入されているため、就職・転職時にMOSのスキルを持っていればこれ以上ないほどのアピールになります。

独学または対策講座で勉強!公式サイトから対策講座会場を探せる

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像3
MOSの学習方法としては、対策教材を使って独学で勉強する方法と、パソコンスクールなどで対策講座を受講して勉強する方法の2種類があります。

MOSの対策教材は様々な出版社から販売されているので、書店や通販で簡単に手に入れることが可能です。

また、MOSの公式サイトでは試験会場ごとに対策講座実施会場を探せます。

資格取得を目指すバージョンごとに住所・実施日などから選べるため、試験から逆算して取り組めます。

また、資格学習サービスを提供しているユーキャンでもMOSの対策講座が用意されています。

試験会場は全国各地なので地方でもOK!合格率・合格基準は未公開

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像4
次に、MOSの試験情報をお伝えします。

MOSでは、全国一斉試験が毎月複数回開催されています。

そのため、1度試験に落ちてしまってもまたすぐ挑戦することが可能。

試験会場は全国各地にあるので、地方にお住まいの方でもMOS資格を取得できます

受験資格は特になく、年齢や国籍を問わず誰でも受験することが可能。

新卒者のパソコンスキル証明はもちろん、「定年後にも仕事をするために取得しやすい資格を手に入れたい!」と考えている方でも利用しやすいですね。

ただし注意したいのは、小学生以下の方が受験する場合には保護者の同意が必要な点です。

また、MOSでは合格率や合格基準が公開されていないことも注意。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)

自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!

公式サイトで詳細を見る

MOS公式サイトでは合格者の口コミを公開!

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像5
どんな資格を取得するにしても、資格を活かせる場面を具体的にイメージできればよりモチベーションは向上します。

そんな時、MOSなら公式サイトに合格者の口コミが公開されているので、より具体的なイメージを描きやすいです。

また、そのほかにもMOSを活用するための様々なコンテンツが用意されています。

そのため、「実務で確実に活かせる資格を取得したい」と考えている方でも、入念に情報を調べた上で資格取得を目指せます。

このようにMOSの公式サイトには様々な情報が記載されているため、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

取得しやすい世界共通の資格!パソコンスキルの証明におすすめ

MOSは、様々な業界で使用するシーンの多いExcelやWordといったMicrosoft Office製品の使用スキルを証明できる資格です。

合否の結果は受験後すぐに判定されるため、資格を取得した当日から履歴書に書くことが可能

日本だけではなく世界各国で同一基準の試験が開催されており、世界共通のパソコンスキルを証明できます。

MOSでは製品のバージョンごとに資格が用意されていて、それぞれの製品ごとに使用スキルを証明可能。

試験内容は実際のアプリをコンピュータ上で操作する実務試験であるため、資格取得のための学習がそのまま実務に活きる資格となっています。

人事・総務・経理でMOSのスキルを活かせるのはもちろん、それ以外の部署や業務でも活用できます。

ExcelやWordはたくさんの企業で導入されているので、就職や転職に活きること間違いなしです。

そんなMOSの勉強方法としては、対策教材を使って独学で勉強する方法と対策講座を受講して勉強する方法の2種類があります。

資格学習サービスを提供するユーキャンでも、MOSの対策講座は行われています。

MOSの試験は日本全国各地で毎月複数回開催されています。

合格率や合格基準は公開されていませんが、公式サイトでは合格者の口コミなどの情報を得ることが可能です。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の画像

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)

自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!

公式サイトで詳細を見る
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧

【人事・総務・経理】スキルアップにおすすめの資格人気比較ランキング

商品画像12345
商品名給与計算実務能力検定衛生管理者ビジネス実務法務検定日商簿記検定マイクロソフト・
オフィス・
スペシャリスト(MOS)
特徴取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる経理のエキスパートになるなら必須の資格自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ