人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

給与計算実務能力検定の画像1

運営 一般社団法人実務能力開発支援協会
住所 東京都千代田区神田神保町1-26 アイピー第2ビル2階
TEL 03-5283-6508
受験料 【2級】8,000円 【1級】10,000円
認定登録には別途2,000円。
2年毎に更新制度あり、更新料(5,000円)
合格率 【2級】約60%~82% 【1級】約27%~65%
活躍業種 給与計算が必要な全ての業種
おすすめポイント取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格
比較ランキング第1位は、給与計算実務能力検定です。内閣府認可・一般財団法人職業技能振興会認定の検定試験、それが給与計算実務能力検定。給与の計算業務について知識と遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与えてくれる資格となっています。

資格は種類によって活躍できる業種が限られてしまうものの、給与計算実務能力検定はどんな業種でも活躍できることが特徴

なぜなら、どんな企業や団体であっても給与の計算は行われているからです。

給与計算実務能力検定の資格を取得すれば、様々な企業や団体から求められる人材になれること間違いなしです。

就職・転職に役立つ!スキルアップや給与アップも期待できる

給与計算実務能力検定の画像2
様々なメリットのある給与計算実務能力検定

履歴書に書くと採用担当者の目を引くことができるので、就職や転職において大きな武器になってくれます。

給与計算実務能力検定の資格を取得した人は人事労務業務における実務のプロフェッショナルといえます。

そのため、現在の職場でのキャリアアップにも役立つことでしょう。

全国共通のスキルなので、結婚や出産後の再就職時にも役立ちます

派遣登録にも使える資格であり、給与のベースアップが期待できることもメリット。

さらに、給与計算実務能力検定の資格取得のために学習した内容は、社会保険労務士などほかの資格にも繋がっていきます。

そのため、様々な資格を取得してスキルアップを目指したい方にも最適な資格です。

給与計算実務能力検定の2級なら初心者でも合格しやすい上、あらゆる業種や業界で行われている給与計算の基本が身につきます

給与明細の中身が理解できるようになるため、実生活でも役立つ資格となっています。

給与計算実務能力検定の画像

給与計算実務能力検定

取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格

公式サイトで詳細を見る

どんな企業からも求められる給与計算のプロフェッショナル

給与計算実務能力検定の画像3
給与計算実務能力検定の資格が企業から求められることには理由があります。

給与計算実務能力検定の資格では、給与計算の仕組みや根拠法令から学ぶことが可能。

そのため、「知らなかった」というトラブルや「予期せぬミス」を防げるので、企業の労務トラブルの防止・リスク管理に貢献することができます。

給与計算ソフトに丸投げするのではなく、きちんと内容を理解して給与計算が行えるようになります。

そのため、労働時間の適正な集計や未払い賃金の防止など、会社のコンプライアンスを向上させることが可能

つまり、人事・総務・経理部門において全ての企業から必要とされる人材になれるということです。

会社の賃金制度の構築などコアな人事業務をする際にも求められる知識であるため、活躍の場は多岐に渡ります

また、給与計算に関わる基本的な労務知識も身につけられるので、働き方改革のニュースなどの背景も理解しやすくなります。

これにより、労務知識を拡大していくための土台ができます。

初心者でも合格可能!取得しやすい資格を探している方に最適

給与計算実務能力検定の画像4
求められる場面は多いのに、資格取得のハードルはそれほど高くないことが給与計算実務能力検定の特徴です。

2級の合格率はおよそ60〜82%であり、1級でも合格率はおよそ27〜65%となっています。

この数字を見ると、給与計算実務能力検定の資格は取得しやすいものであることが理解できます。

合格基準としては、2級の場合は出題問題のうち7割以上の得点獲得となっています。

そして、1級の場合は7割以上の得点獲得に加えて計算問題を6割以上正解することが条件。

すでに企業で勤務している方なら、通常業務を圧迫することのない勉強量で取得することが可能

合格基準についてもそこまで難易度が高すぎるものではないため、「取得しやすい上に役立つ資格を手に入れたい」という方にとって給与計算実務能力検定は最適な選択肢なのです。

給与計算実務能力検定の画像

給与計算実務能力検定

取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格

公式サイトで詳細を見る

いま給与計算実務能力検定の資格保有者が求められている理由

給与計算実務能力検定の画像5
近年、企業の労務体制を見る目はどんどん厳しくなっています。

そんな中で人事労務に関するコンプライアンス意識を高めるためには、関わる人間のスキルアップが必要不可欠。

給与計算実務能力検定の資格は、労務コンプライアンスの向上や給与計算業務の業務品質向上など、管理部門のスキルアップや社内の体制整備に最適な資格です。

最近では社員に受けさせる企業も増えていて、「取得推奨資格」に指定されているケースもあります。

数十名単位で団体受験させる企業もあり、早めに取得しておいて損はありません

ちなみに、社会保険労務士事務所やコンサルティング会社など、給与計算を請け負う企業や人事労務コンサルタントをする企業では、入社時に資格取得者が優遇されるケースもあるんですよ。

1日講座で集中して学習!公式講座・テキストによるサポートも手厚い

給与計算実務能力検定は、一般財団法人職業技能振興会と一般社団法人実務能力開発支援協会という2つの団体が協力して運営している資格試験です。

職業技能振興会が事務運営を行っているのに対して、実務能力開発支援協会はさまざまな実務者と連携しながら講座・教材の開発を中心に行っています。

こういった背景からも、給与計算実務能力検定は公式試験対策講座や教材、DVDが充実している傾向にあります

公式試験対策講座では実務で使える給与計算の能力が養われるだけではなく、検定に合格するために必要な法的知識を獲得可能。

短期集中型の1日講座なので、忙しい方でも気軽に受けられるようになっています。

2級と1級でそれぞれ対策講座・模擬試験講座の2種類があり、通学・DVD・WEB講座という3種類の中から好きなスタイルで受講できます。

初心者向けに給与計算入門講座DVDが販売されているほか、公式テキストは毎年出版されるのも法制度の改正が多い分野なので納得のポイント。

このように、給与計算実務能力検定は資格取得を目指す方にきめ細かいサポートが提供されていることも特徴です。

まず最初に検討したい資格!高い需要と取得しやすさが魅力

いかがでしたか。

比較ランキング第1位の給与計算実務能力検定について詳しく紹介しました。

企業の労務体制が厳しく問われる中で、給与計算実務能力検定の資格は労務コンプライアンスの向上や給与計算業務の業務品質向上など管理部門のスキルアップや社内体制整備に最適なものとなっています。

内閣府認可・一般財団法人職業技能振興会認定の検定試験なので、履歴書に書いておくと採用担当者の目を引くことは間違いありません

就職や転職に役立つのはもちろん、給与アップを目指してスキルを磨くことにも役立つ資格です。

どんな業種や企業であっても給与計算は行われるので、給与計算実務能力検定には高い需要があります。

しかしその一方で、給与計算実務能力検定は取得しやすい資格であることも事実。

合格率は高めの水準であり、合格基準もそれほど厳しくはありません

また、公式講座・テキストが充実しているので資格取得を目指す人のサポートも万全です。

「将来に役立つ資格を手軽に取得したい」という方なら、まず給与計算実務能力検定を検討してみてはいかがでしょうか。

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧

【人事・総務・経理】スキルアップにおすすめの資格人気比較ランキング

商品画像12345
商品名給与計算実務能力検定衛生管理者ビジネス実務法務検定日商簿記検定マイクロソフト・
オフィス・
スペシャリスト(MOS)
特徴取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる経理のエキスパートになるなら必須の資格自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ