人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

ビジネス実務法務検定の画像1

おすすめポイント様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる

比較ランキング第3位は、ビジネス実務法務検定です。

ビジネス実務法務検定は、様々なビジネスシーンで求められる実践的な法律知識を身につけられる資格です。

現代社会では企業が継続して活動していくために、一人ひとりがコンプライアンス能力を身につけてリスクを事前回避することが重要。

そのための基礎ともなる実践的な法律の知識を効率よく学び、能力を測れる試験となっています。

様々な企業のビジネスにおいて役立つ知識であるため、就職や転職はもちろん、キャリアップにも最適な資格です。

ビジネス実務法務検定は特に法務部門で求められる機会が多いため、法務で働きたいと考えているならぜひ取得を目指しましょう。

就職・転職やキャリアアップに最適!法務部門で求められる資格

ビジネス実務法務検定の画像2
ビジネス実務法務検定には、主に3つのメリットがあります。

■ 企業が求めるリスク管理のスキルを身につけられる

1つ目のメリットは、幅広い法律の知識を取得できること。

ビジネス実務法務検定では民法や商法を中心に、様々な法律の基礎知識を学ぶことになります。

その結果数多くのビジネスシーンでのリスクに反応できるようになるため、企業が求めるリスク管理を実践できるようになるでしょう。

また、ビジネス実務法務検定を通して手に入れた知識は日常生活においても役立つ場面が多々あります。

■ 企業のニーズに応える目的で創立された資格である

世の中には数々の資格試験が存在していますが、ビジネス実務法務検定はちょっと性質が変わっています。

どのような特徴があるのかというと、企業のニーズに応えるために創立された試験である点が他の資格試験とは少々異なります。

つまり、ビジネス実務法務検定の資格を取得していれば就職や転職の武器として役立てられるということ。

ビジネス実務法務検定を推奨検定に選ぶ企業も増えているので、キャリアアップにも役立ちます。

■ 宅建士や行政書士など法律系資格の足がかりになる

業種によっては高度な専門資格が必要なこともありますよね。

例えば、宅建士や行政書士、中小企業診断士や司法書士など。

ビジネス実務法務検定は、こういった高度な専門資格の取得の足がかりにすることにも役立ちます

なぜかというと、ビジネス実務法務検定で学習する法律はこれらの検定試験で重複する場合も多いから。

先述した法律系資格の取得を目指す場合、ビジネス実務法務検定の資格は大きなアドバンテージになるのです。

取得しやすい資格ではないかも?1級の合格率は10%程度

ビジネス実務法務検定の画像3
次に、ビジネス実務法務検定の合格率と合格基準を紹介します。

2017年の合格率は3級が69%、2級が39.5%、1級が10.9%となっています。

1級と2級はある程度難易度が高いので決して取得しやすい資格とは言えませんが、3級ならある程度簡単に合格することができるでしょう。

合格基準は、2級・3級の場合100点満点中70点以上で合格となります。

1級では、共通問題2問と選択問題2問の200満点中、140点以上を取る必要があります。

加えて、各問題ごとの得点が50%以上でなければならないので、いずれの問題も軽視することはできないシステムです。

就職や転職において企業からの評価を得たいのであれば、なるべく2級以上は取得したいところ

3級では法律実務の基礎知識を学ぶのに対して、2級ではより具体的な内容を事例を挙げつつ法律問題を考える実践力を学ぶ内容となっています。

そのため、ビジネス実務法務検定の2級を取得していれば弁護士などの専門家とある程度やりとりができるとみなされ、企業から求められやすいのです。

ちなみにビジネス実務法務検定の受験料は、3級が4,320円で2級が6,480円、そして1級が10,800円となっています。

ビジネス実務法務検定の画像

ビジネス実務法務検定

様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる

公式サイトで詳細を見る

公式テキスト・公式通信講座があり学びやすい環境が整っている

ビジネス実務法務検定の画像4
年に2回試験が実施されるビジネス実務法務検定。

試験会場は全国各地にある上、学歴や年齢、性別や国籍などによる制限がないのでどんな人でも受験できる資格です。

1級の受験は2級合格者のみに限られてしまいますが、3級を飛ばしていきなり2級を受験することが可能

また、3級と2級を併願受験することもできるので、スピーディーな資格取得を目指すのであればいきなり2級を受験してみてもいいかもしれませんね。

ビジネス実務法務検定の3級と2級では出題分野の多くが重複しているので、3級に続けて2級を学ぶことで効率よく法務知識を身につけることが可能です。

学び方としては公式テキストや問題集を利用できるほか、公式通信講座も用意されています。

公式通信講座では公式テキストの内容をもれなく盛り込み、理解のポイントをQ&Aでわかりやすく解説してくれます。

また、公式サイトには過去に行われた試験の模範解答が公開されているので、学習に取り組みやすい環境が整っているのも嬉しいポイントです。

法務部門で働く方におすすめな資格

ビジネス実務法務検定の画像5
比較ランキング第3位のビジネス実務法務検定について紹介しました。

ビジネス実務法務検定は、様々な企業やビジネスシーンで求められる実践的な法律知識を身につけられる資格

ビジネス実務法務検定の資格を取得すれば、コンプライアンスの遵守が求められる現代社会において多くの企業から求められる人材になれることでしょう。

なかでも、法務部門ではビジネス実務法務検定の資格が求められる傾向にあります。

ビジネス実務法務検定では民法・商法を中心として様々な法律の基礎知識を学ぶため、企業のリスク管理を実践できるようになるというメリットがあります。

リスク管理ができる人材は就職や転職の場面でも有利に働くケースがある上、企業の中にはビジネス実務法務検定を推奨検定に選んでいるところも増えているので、ぜひ取得したい資格です。

そんなビジネス実務法務検定の3級は2017年の合格率が70%程度なので取得しやすい資格となっていますが、2級だと合格率は約40%、1級だと約10%です。

多くの企業ではビジネス実務法務検定の2級以上が求められるため、一概に取得しやすい資格だとは言えないことがデメリットです。

取得しやすい資格を探している方は、ランキング上位の資格を検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネス実務法務検定の画像

ビジネス実務法務検定

様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる

公式サイトで詳細を見る




サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧

【人事・総務・経理】スキルアップにおすすめの資格人気比較ランキング

商品画像12345
商品名給与計算実務能力検定衛生管理者ビジネス実務法務検定日商簿記検定マイクロソフト・
オフィス・
スペシャリスト(MOS)
特徴取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる経理のエキスパートになるなら必須の資格自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ