人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

第2位 衛生管理者

衛生管理者の画像1

おすすめポイント転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格

比較ランキング第2位は、衛生管理者です。

労働安全衛生法により、常時50人以上が勤務する事業場においては衛生管理者を1名以上設置することが義務付けられています。

しかし、現在は衛生管理者の人数が不足していて、設置義務を果たせていない企業も多いです。

そのため、衛生管理者は今が取得のいい機会。

衛生管理者には第一種と第二種があり、どちらの資格を保有しているかによって活躍できる現場が異なるという特徴があります。

第一種の資格を持っていれば全ての業種で活躍することができます

一方、第二種の場合は有害業務と関連の少ない情報通信業や金融・保険業など限られた業種でしか活躍できません。

従業員が健康に働ける職場環境を整える仕事

衛生管理者の画像2
まずは、衛生管理者の具体的な業務内容を紹介します。

企業で働く人の健康を保持したり、増進したりするのが衛生管理者の仕事です。

医師の指示のもと、定期健康診断や健康被害の発生する可能性がある業務につく人への特殊健康診断を実施し、従業員の健康状態を把握・管理します。

健診の結果問題が発見された場合に処置を行うことも衛生管理者の仕事です。

そして、従業員が働く職場環境を整えることも衛生管理者の仕事。

職場の照明や温度、換気や振動、騒音や化学物質などを管理し、職場環境が従業員の健康を損なうものになっていないかチェックします。

企業で働くそれぞれの従業員がより快適に仕事ができ、生産性向上や品質向上へと繋がっていく労働環境を整えるためのプランを提案することも衛生管理者の仕事。

プランが実行されるには現場の先頭に立って指揮をとるリーダーになることができます。

衛生管理者のメリット

衛生管理者の画像3
日商簿記検定などの有名な資格と比べると知名度は低い衛生管理者の資格。

しかし、衛生管理者は厚生労働大臣指定試験・登録機関の公益財団法人「安全衛生技術試験協会」の試験であり、国家資格なのです。

労働安全衛生法に基づく免許試験であり、先述したように現在は衛生管理者の資格保有者がそれほど多くないため、資格を取得するだけで企業から求められる可能性も高いです。

就職や転職でアピールする材料になるのはもちろん、総務や労務部門のスペシャリストとして活躍することが可能

資格手当も期待できるのが衛生管理者の強みです。

加えて、定年後の再雇用を目指す人にとっても衛生管理者は最適な選択肢。

職場経験が豊富な中高年だからこそ見える視点で、企業の職場環境の改善に取り組むことができるでしょう。

このように、衛生管理者には様々なメリットが存在しています。

合格率は45%程度!6割以上の正答率で合格できる資格

衛生管理者の画像4
ここまで紹介したメリットに加えて、衛生管理者は比較的取得しやすい資格であることも特徴。

合格定員がない上、正答率はおよそ60%を越えれば合格可能

論文や口述試験のない全問選択解答式なので、対策を立てやすい資格試験となっています。

また、毎月1〜3回試験が実施されているため、忙しい方でも自分の都合に合わせて学習可能。

もし試験に不合格であっても、またすぐ挑戦できるのも手軽なポイントです。

試験会場は北海道から九州までに全部で7ヶ所用意されていて、合格率は平成29年で45%という水準です。

ただし注意したいのは衛生管理者の受験資格です。

添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」という事業者の原本証明が必要です。

また、受験資格として1年以上の実務経験が求められます。

(実務経験の内容はケースによって異なるので、公式サイトを確認しましょう。)

これらを踏まえると、人事・総務部門で働きたい方にとってはあまり役立たない可能性もあるので注意。

衛生管理者の画像

衛生管理者

転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格

公式サイトで詳細を見る

管理職を目指す方やキャリアアップを図る女性におすすめ

衛生管理者の画像5
「こんな人は衛生管理者の資格を取得すべき」という例を紹介します。

一定規模以上の事業場で必須となる衛生管理者は、社会において大きな役割を果たしています。

第一種の範疇である医療業においては医師や歯科衛生士が衛生管理者になる資格を持っているのでそれほど需要は高くありません。

しかし、そのほかの業種においては高い需要のある資格です。

また、事業場で働く人の人数が増えれば増えるほど、設置しなければならない衛生管理者の人数は増えてきます。

そのため、大企業になればなるほど衛生管理者の人数を確保しなければならないということ。

ですから、「大企業に転職したい」と考えている人は衛生管理者の取得を目指すといいでしょう。

また、衛生管理者は男女関係なく勤務できる仕事なので、キャリアアップを図る女性の方にもおすすめの資格です。

そのほか、企業の管理職になる際には衛生管理者の取得を命じられるケースも多いです。

特に飲食業において取得が必要になる場面は多いので、管理職を目指している方も取得しておいて損はないでしょう。

衛生管理者と併せて取得したい資格を紹介

最後に、転職を考える方が衛生管理者と併せて取得しておきたい資格を紹介します。

いくつか例をあげると、安全管理者や防火管理者、危険物取扱者などの資格は持っておくと評価されやすいです。

いずれの資格もそれほど難しい試験ではないので、衛生管理者を取得した際には併せて検討するのがおすすめです。

これらの資格を取得しておけば、転職時に有利に働くことでしょう。

今が取得のベストタイミング!企業からの需要が高い資格

厚生労働大臣指定試験・登録機関の公益財団法人「安全衛生技術試験協会」による試験であり、国家資格でもある衛生管理者

労働安全衛生法により、常時50人以上が勤務する事業場においては1名以上の設置義務があります。

しかし、現在衛生管理者の資格を保有している絶対数はそれほど多くないため、企業からの需要が高い資格です。

衛生管理者には第一種と第二種があり、第一種資格の方が活躍できる現場は多いです。

第一種ならどの業種でも仕事ができるのに対して、第二種の場合は有害業務と関連性の低い業種でしか勤務できません。

衛生管理者の仕事としては、医師の指導のもとで定期健康診断などを実施したり、従業員が健康に過ごせる職場環境を整えたりすることが挙げられます。

就職や転職に役立つことが大きなメリットで、先述したように高い需要に対して供給数が少ないので、衛生管理者の資格を持っているだけで企業から求められる場合もあります。

平成29年度では合格率45%と高めの水準であるほか、正答率は60%以上で合格できる取得しやすい資格です。

衛生管理者の画像

衛生管理者

転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格

公式サイトで詳細を見る
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧

【人事・総務・経理】スキルアップにおすすめの資格人気比較ランキング

商品画像12345
商品名給与計算実務能力検定衛生管理者ビジネス実務法務検定日商簿記検定マイクロソフト・
オフィス・
スペシャリスト(MOS)
特徴取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる経理のエキスパートになるなら必須の資格自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ