人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

日商簿記検定の画像1

おすすめポイント経理のエキスパートになるなら必須の資格

比較ランキング第4位は、日商簿記検定です。

日商簿記検定は、企業の経営活動を記録・計算・整理し、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

日商簿記では複式簿記が採用されていて、複雑な企業取引も数少ない取引要素で分類・整理することが可能。

総合的な経営情報を把握できるほか、この情報を基にして企業が追求する利益さえも確認できます。

主に経理や財務に役立つ資格、それが日商簿記検定の資格です。

多くの企業で日商簿記検定の資格取得が推奨されているほか、大学・短大の推薦入試や単位認定の基準に採用されている場面もあります。

年間だと約53万人の人が受験しているからこそ、社会的に高い評価・信頼のある資格試験なのです。

日商簿記検定のメリット

日商簿記検定の画像2
日商簿記検定の1番の魅力は、資格を取るメリットがビジネスパーソンだけに限定されない点にあります。

年齢や性別、職業にとらわれずに資格を取得できるため、学生が取得する人生初の資格にもおすすめです。

検定試験は年3回実施され、受験資格も特にないのでどんな方でも資格取得を目指すことができます。

3級から始めて、2級、1級とステップアップしていけるのも魅力の1つです。

■ 経理担当者だけじゃない!様々な場面で活用できる資格

企業においては主に経理担当者が必要とする日商簿記検定。

経理においては、経費の精算やコンピュータ入力でも簿記の知識が問われます。

小さな企業だと何の資格も持っていない社員へ経理を任せていることもありますが、もしあなたが日商簿記検定の資格を持っていればより厚い信頼を得ることが可能です。

さらに、顧問税理士に話を聞く際にも日商簿記検定の知識は役立ちます

1級などの高等な資格を持っていなくても、ある程度の専門用語を知っていれば顧問税理士の話も理解しやすいです。

上司から「この言葉ってどういう意味?」と聞かれた時にも、胸を張って答えられます。

また、日商簿記検定の資格は経理以外の業務でも役立ちます

例えば営業担当者であれば、取引先から提出された見積書が正しいかどうかのチェックをすることが可能。

大事なプレゼンの際のコスト計算についても、正しいかどうかを自分で確認できます。

管理担当者であれば、取引先の経営状況を把握することにも役立ちます。

四半期報告書や連結財務諸表、キャッシュフロー計算書などの書類も、日商簿記検定の資格を持っていればラクラク解決できます。

税理士・公認会計士を目指すなら必須!就職や転職にも役立つ

日商簿記検定の画像3
就職・転職や社内評価アップにも役立つ日商簿記検定。

日商簿記検定の2級取得を履歴書に書いておけば、書類選考で有利になること間違いなし。

日商簿記検定の資格を持っていれば、昇給のチャンスも増えるかもしれません。

なかでも日商簿記検定の1級は会計のスペシャリストです

持っているのとそうでないのとでは評価がまるで違ってくるので、経理業務をする方なら確実に取得しておきたい資格です。

ちなみに、税理士や公認会計士を目指す方にとっても日商簿記検定は必須。

簿記の知識があれば、融資書類として必要になる事業計画書もラクラク作成できます。

このように、日商簿記検定はビジネスにおけるお金の動きと深いかかわりがある資格なのです。

日商簿記検定の画像

日商簿記検定

経理のエキスパートになるなら必須の資格

公式サイトで詳細を見る

日商簿記検定各級の難易度と学習時間の目安

日商簿記検定の画像4
日商簿記検定の3級・2級は、上位何%が合格するといった競争形式の試験ではないため、必要な合格点を上回った全員が合格になります。

つまり、資格取得のためにがんばれば確実に結果の出る資格試験なのです。

こちらの項目では、日商簿記検定の級ごとの難易度や学習時間の目安について紹介します。

■ 日商簿記検定3級

日商簿記検定の3級では、商業簿記のみを学習して初歩的な実務がある程度できれば合格することができます。

具体的な実務の例を挙げると、経理関連書類の作成や青色申告書類の作成など。

日商簿記検定の資格の中で、最も取り組みやすい難易度の級となっています。

標準的な学習時間の目安は、1〜2ヶ月以上または約70時間です。

■ 日商簿記検定2級

2級では、経営管理や財務担当者には必須となる財務諸表の数字を読み解く力が身につきます。

つまり企業の経営内容を把握できるようになるため、3級よりも実践的な簿記知識を手に入れられるでしょう。

こちらの級の標準的な学習時間の目安は、3〜4ヶ月以上または約200時間です。

■ 日商簿記検定1級

日商簿記検定の1級は税理士や公認会計士など国家資格の取得を目指す方の登竜門です。

極めて高度な商業簿記や会計学などを学び、さらに会計基準や会社法など企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができるようになります。

そのほか、工業簿記や原価計算も学べます。

標準的な学習時間の目安は5ヶ月以上、または約500時間です。

公式問題集や過去問題集あり!東京・横浜などではPRセミナーを開催

日商簿記検定の画像5
日商簿記検定を学ぶためには、教材を使用したり講座を受講したりする方法があります。

公式問題集が出版されているのはもちろん、過去問題集や関連書籍、公認書籍も数多く紹介されています。

また、東京や横浜ではPRセミナーなどが開催されています。

経理担当者なら持っておきたい資格

多くのビジネスパーソンが日商簿記検定の資格について聞いたことがあるのではないでしょうか。

日商簿記検定は、企業の経営活動を記録・計算・整理し、経営成績や財務状態を明らかにする技能です。

複式簿記の知識を身につけられるので、複雑な企業取引を少ない要素で分類したり整理したりできるようになります。

日商簿記検定の資格は年間約53万人が受験しており、社会的評価と信頼も十分です。

受験資格は特になく、年齢や性別、職業に関わらず誰でも受験することができます

日商簿記検定と聞くと「経理担当者や税理士・公認会計士に必要な資格」というイメージが強いですが、実はそれ以外の業務をする際にも応用が利きます。

例えば営業担当者であれば、大事なプレゼン資料のコスト計算が正しいかどうかを自分で確認することが可能です。

もちろん税理士や公認会計士を目指すなら必須の資格ですが、そうでない場合でも持っていれば社内評価アップに繋がり、昇給が期待できることも。

日商簿記検定の勉強をするには、公式問題集や過去問題集などの選択肢があります。

日商簿記検定を取得した方の口コミ・評判を集めてみました!

経理業務の仕事で就職しようとする場合には簿記の資格は有効になりますし、業務で役立つと思います。2級が得られる力を持てば、就職にも仕事の上でも役立ちますが、かなりの努力を要する覚悟が必要です。

引用元:https://www.kingdom.or.jp

→経理・財務関係のお仕事をしている方、就職を考えている方に日商簿記検定の資格取得は非常に有効です。年間約53万人が受験しているだけあって社会的評価や信頼につながりやすく、就職する際の履歴書に書くと有利ということも少なくありません。

コスト計算や事業計画書の作成などに役立つため、現在それらに関係するお仕事をされている方にもぜひチャレンジしていただきたい資格となっています。

日商簿記検定の画像

日商簿記検定

経理のエキスパートになるなら必須の資格

公式サイトで詳細を見る
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧

【人事・総務・経理】スキルアップにおすすめの資格人気比較ランキング

商品画像12345
商品名給与計算実務能力検定衛生管理者ビジネス実務法務検定日商簿記検定マイクロソフト・
オフィス・
スペシャリスト(MOS)
特徴取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる経理のエキスパートになるなら必須の資格自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ