人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

秘書検定

公開日:2020/05/19  

【問い合わせ】

TEL:03-3200-6675

時間:平日9時から17時まで (土日祝日等を除く)

就職や転職を有利に進めるためには、資格の取得がとても役に立ちます。特に秘書検定はおもに女性が就職・転職活動を行う際に取っておくとよい資格の一つです。

◎秘書検定とは

秘書検定は会社の役員や経営者といった人の秘書を務めるための技能を測る検定です。ビジネスマナーや各種文書の作成といった実務的なものから、正しい敬語や電話応対などの一般常識、さらに感じの良さなどの優れた人柄まで求められます。

どちらかというと、専門的な技能や知識より、社会人なら当然持っているべき常識的な部分が重要となるのが特徴です。特殊な箇所を強いて挙げるなら「人柄の良さ」を重視しているという点がありますが、必要になるのは社会に出ていれば自然と身に着くレベルのものなので、そこまで難しくはありません。

◎秘書検定って役に立つの?

秘書検定は社会人としての基本的な部分についての検定であるため、持っていると秘書はもちろん、事務関連のさまざまな職種で活用することができます。実務をスムーズにこなせるだけでなく、転職などの時も相手に「常識があり、技能もしっかりしている人物」という印象を持ってもらうことが可能です。また、試験を受けることで現在の自分がどれくらいビジネス的な知識や能力を持っているのかを確認できるのも大きなメリットでしょう。

ただし、社会人なら知っていて当たり前のことを試される検定なので、持っていたとしてもあまり優遇されない場合もあります。秘書検定が最も効果を発揮するのは高卒の新卒採用時だという意見もあるくらいです。それでも、秘書検定を取るだけの意欲があるという証明にはなるので、何かビジネス系の資格が欲しいという人は受けて損はないといえます。

◎秘書検定の試験内容

秘書検定には3級、2級、準1級、1級の4つの級があります。「理論」「実技」という2領域の問題が出されますが、どちらも筆記試験です。それぞれの領域で60%以上正解していれば合格となります。準1級と1級は筆記の他に面接もあります。

3級は基本的に社会経験のない高校生が受験する級で、社会人は2級から受ける人がほとんどです。2級の合格率が約50%、準1級と1級もそれぞれ約37%と約30%となっているので、それほど難しい内容ではないと考えてよいでしょう。

◎まとめ

秘書検定を取っておくと、社会人としての基本がなっている人物だという印象を持ってもらうことができます。あまり難しい検定ではないので役立つ場面が少ないという見方もありますが、自分のビジネス知識や技能を確認するために受けてみるのもおすすめです。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧