人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事総務検定

公開日:2020/05/19  

【問い合わせ】

TEL:03-6811-1072

時間:10:00~18:00(土日祝日を除く)

会社で人事を担当している、もしくはこれから人事を担当する予定があるという人は、人事総務検定という検定に挑戦してみるのがおすすめです。必須というわけではありませんが、合格しておくと将来的にも役立ちます。

◎人事総務検定とは

その名の通り、人事や総務を担当する人向けの検定が人事総務検定です。入社手続きや試用期間などの雇用にまつわる部分から、異動や退職について、さらには職場のメンタルヘルスなどまで、試験範囲はかなり広いものになっています。

3級、2級、1級という3つのレベルがあり、3級は現場担当者レベル、2級は主任レベル、1級は課長レベルの知識が必要です。1級は必ず検定試験を受けなければいけませんが、3級と2級では「特別認定講習」というものを修了すれば検定試験が免除されます。

◎特別認定講習って?

人事総務検定の3級と2級に存在する「特別認定講習」とは、決められた回数受講すれば検定試験が免除される講習です。3級では2時間30分の講義を2回、2級では3級の倍の4回講義を受ければ検定試験が免除されます。

ただし、その場合も確認テストやレポートといったものの提出は必要です。通学によって講座を受けたのなら確認テストのみでよいですが、通信教育で講習を受けた際には確認テストに加えてレポートの提出もしなければいけません。この確認テストの結果が合格ラインに達していないと検定に合格したことにはならないので、特別認定講習を受けるからといって勉強しなくてもよくなるわけではない点には十分注意しましょう。

◎社会保険労務士試験との相性が良い

人事総務検定の試験内容は社会保険労務士試験の内容と被っている部分があります。というのも、近年では社会保険労務士試験でも実務に関する問題が出題されやすくなってきているからです。ゆくゆくは社会保険労務士の資格を取りたいと考えているのだとしたら、人事総務検定はそのための勉強にもなります。

また、人事総務検定の1級に合格すると「人事総務マスター」という資格が手に入り、この資格があれば将来社会保険労務士になったときに協会から仕事を紹介してもらうことが可能です。せっかく人事総務検定に挑戦するのなら、一緒に社会保険労務士試験も受けた方が得だといえます。

◎まとめ

人事総務検定は、会社で人事や総務を担当している人、そして将来的に社会保険労務士の資格が欲しいと思っている人におすすめです。特別認定講習を受講すれば1級以外では検定試験が免除されるという変わったルールもあるので、検討している人は気軽に申し込んでみるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧