人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取得するなら環境に左右されない資格を取得しよう

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/28

専門的な知識を持っていたほうが、人事や総務や経理の仕事をするうえで有利になるのは理解できます。

しかし漠然と知識を蓄えても、それがビジネスに役立つか分かりません。

キャリアアップをしたいのなら、資格の取得を目指すことで、人事や総務や経理の仕事に本当に役立つ知識を手に入れましょう。

 

どの会社でも価値のある資格を取得しよう

人事や総務や経理に関係する資格を取得することで、キャリアアップを目指したいのなら、どのような環境でも価値のあるものを目指しましょう。そうでないと環境によって待遇が左右されてしまうため、無駄になってしまうかもしれないからです。

例えばA社で評価されているものだとしても、B社ではまったく評価されていないものがあるとします。A社で働いている場合、そのような資格を取るのは価値があることだと考えるかもしれません。しかし、大きな会社でも何があるか分からないこの時代では、A社でしか評価されていないものを取得するのはおすすめできません。何かしらの事情で、B社へと移ることになった場合を考えて、両方が評価してくれる価値のあるものを取得しましょう。

環境が変わって、価値が変わってしまったのでは、取得するまでの時間やお金が無駄になってしまいます。どのような会社でも価値があると認めてくれる、立派なものはたくさんあるので、それらを探して取得をしましょう。

ちなみに、税理士や公認会計士など、難易度が高く取得がとても難しいものは、独立するためにも役立ちます。もしも、会社という枠組みを飛びだした環境でも活躍したいのなら、独立ができるものを取得するとよいでしょう。

そうすれば、現在働いている会社に不満を持ったときは、独立して、フリーランスになることもできます。なお、昼間働いていたとしても、夜に勉強すればよいだけなので、独立資金を稼ぎながら合格を目指せます。

もしも、独学での取得が難しいと考えるのならば、スクールに通って、専門の講師に教えてもらいましょう。ビジネス系のスクールならば夜に開講しているケースが多いので、働きながらでも問題なく通えます。スクールが近くにないのならば、自宅で教材を届けてもらって勉強する通信講座を利用するのもよいでしょう。

 

価値のない資格を取得しないために

世の中にはたくさんの資格がありますが、取得を考えるのならば、どのような団体が関わっているか知らなければいけません。それは、ビジネスにおいて、ほとんどプラスにもならないようなものを取得させることで、お金を稼いでいる団体もあるからです。

例えば、インターネットで試験を受けることができて、なおかつ講習もないようなものがあったとします。それでは、試験でインチキが簡単におこなえますし、講習がなければ最低限の知識すら習得できないかもしれません。そのような誰でも苦労なく取得できるものでは、ビジネスでプラスになる可能性はほとんどないことが分かるはずです。会社の人間が誰一人として知らないものを取得したとしても、評価に繋がるわけはありません。

それに、苦労を必要としないものは、得られる知識や技術が少ないケースも多いので、取得をしても時間やお金を無駄にしたと感じる可能性が高いでしょう。なお、費用の割に役に立たない、人事や総務や経理の資格は世の中にたくさん存在しているので気をつけなければいけません。

利用者による『キャリアアップに役立つ』や『給料が上がった』などの経験談を載せる公式ウェブサイトはたくさんあります。しかし、たった一人の体験談だとしても、公式ウェブサイトに記載するのは問題がないので、公式情報を鵜呑みにするのはおすすめできません。団体が発信する情報だけではなく、インターネットなどで世間一般の評判を調べて、役に立つかどうか必ず判断しましょう。

もしも、価値のある資格を知りたいのなら、世の中で有名だといわれているものを選べば大丈夫です。もしも、まったく知識がないのなら、インターネットで個人が運営するホームページを利用するのがよいでしょう。そちらでは、役に立つものをランキングとして紹介してくれていることも多いため、上位の中から選びましょう。

ランキングの上位にあれば、世間からの評価が高い証なので、人事や総務や経理の仕事で評価アップに繋がること間違いなしです。もちろん、人事や総務や経理以外の資格もランキングに載っているため、適切なものを選びたいのなら、それぞれをきちんと調べることも大切になります。

 

難関の国家資格の取得を目指そう

いろいろと調べてみても、何を取得すればベストなのか分からないなら、国家資格を目指すことをおすすめします。やはり、そちらは名前が知られているのはもちろん、難易度も高いので、取得できればキャリアにとって大きなプラスとなるからです。いろいろな人事や総務や経理に役立つものが用意されているので、自身が興味のあるものを見つけてみましょう。

なお、民間ではなく国家タイプの場合は、受験条件が設けられていることがあるので、誰でも受けられるというわけではありません。指定された教育機関を卒業していることや実務経験など、さまざまな条件が設定されています。そのため、受けたいと考えるものが見つかったのなら、まずは受験条件について調べてみましょう。

もしも、クリアしているというのなら、そのまま受けることができるので、試験に向けて勉強を始めるとよいでしょう。しかし、クリアしていないのなら、諦めてほかのものにチャレンジするか、条件をクリアするために行動を起こすか考えなければいけません。時間がかかりすぎるものもあるので、今後のキャリアを考えてチャレンジを諦めることも大切です。

ちなみに、実務経験はそのまま働き続けていれば、クリアできますが、学歴が条件ならば学校に通う必要があります。学校に通うには、時間やお金が必要になるので、自身の状況を考えたうえで決めましょう。自身のキャリアにどのくらいプラスになるのかを考えて決断しなければ、仕事にマイナスに働いてしまう場合だってあります。

ただし、現在では学歴を得るための通信制や夜間の学校はたくさんあるため、仕事はやめずに取得を目指せます。本気で取得を考えているのなら、学校についての情報もいろいろと調べてみましょう。

 

自身の状況に合った資格を取得することは、人事や総務や経理の仕事においてとても役に立ちます。しかし、価値のないものを取得した場合、現状はよくても、環境が変わったときに後悔する可能性があります。もしも、簡単で少しだけ評価がプラスされるものを取得しようと考えているのなら、もっと難しいものにチャレンジすることも考えましょう。

少しだけ評価がプラスするようなものでは、環境が変わったときに、役立たなくなる可能性が高いです。もちろん、難しすぎて試験に合格できないのでは意味がないため、努力をすれば取得できるものを選定しなければいけません。過去問や予想問題集が売られているので、中身を見て難易度を確認してみましょう。

また、通信講座やスクールによっては、難易度の説明がされているところもあるため、そちらの意見をチェックするのもよいです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧