人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取得していると入社時に優遇される?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/08

人事や総務、経理という部署は、専門性としては一般的ですが、事務的な面というのは、どの企業においても経営の土台をなすところです。

だから、企業においては、この分野で活かせる専門性を複数所持しているということは、実務面での活躍が大いに期待される人材として、人材としての価値判断が高まると言えます。

 

プラスアルファのスキルアップと就職成功

簿記や計算実務などの実践力の取得は当然のことながら、さらに自身の価値を高めるための専門的な力を身に着けられる資格の取得もよいでしょう。

人事や総務などは、専門性もあまり必要なく、一般的に会社の発展的な役割を担わない明確性のない地味な部署と考えられがちで、実務的に考えても高い評価を得るためのスキルというのは何であるかと迷いがちです。しかし、実は、社内課題を解決する場として求められるスキルが随分とあります。

パワハラ問題や人間関係の問題、労務規則など、社会的にさまざまな縛りに直面している企業は非常に増えています。その中では、心理士としてスキルを持っている人や労務面での知識を得ていて戦力となる人などが、今のネット社会の時代、さまざまな批判や金融の在り方などに敏感な企業の採用側にとってとても魅力的な人材なのです。

一般的に直接的な実務と言えない専門性でも、幅広い学びの応用につながることが非常に価値があると思われています。また、経理面で出納に秀でた簿記力は、財務諸表や貸借対照表などの面で、すぐに役立つ事務ができる人というのは魅力的ですから、当然資格取得は入社を有利にするでしょう。

しかし、実務面だけでは経理業務経験を積めばできるという判断をする企業もありますから、簿記の力だけでは、経験者に勝てないこともあります。より優遇される就職や転職を狙うのであれば、実務能力にプラスした力をアピールできることが何よりも優れています。

最近では、資金と金融の在り方をプランニングできるための知識を得ている人材が、銀行や保険、証券関係において会社を支えてくれるという活躍が期待されるというところも多いです。他にも税理面での専門的な知識や即戦力を所持すれば、節税や確定申告においても企業にとって人材価値があります。

一般的な企業でのプラスアルファの活躍においても活躍が期待されますし、自分自身においては、プラスアルファの専門知識と技能をフルに生かそうと考えれば、選択できる企業の分野も数も広がります。取得そのものだけの知識を目的とせず、しっかりと生かせるスキルを持っていることをアピールできるだけの自信となれば、就職活動は大成功するでしょう。

 

断念せずに目標達成する大切さを考える

簡単に取れて役立つ場面の多いスキルの学びはたくさんあります。人事や総務、経理などの事務面で生かせる実践力を複数身に着けることができれば、就職や転職できる企業も増えます。

そのため、自分の価値を高めようと複数のスキルを得ようと頑張っている人たちも非常に多いのですが、実は断念する人たちも少なくありません。また、それらを取得した後に、どの分野のどの会社に行けば有利なのかもわからず、適当に就職をして、せっかく学んだことが生かされないという道を選んでしまう人も珍しくありません。

働いていれば、学校に通うこともできず独学を選択する人も多く、効率の良くない学習が原因だともいわれています。効率よく就職に役立つスキル取得を目指せる専門学校に入学するのが賢明だとわかっていても、大学で授業を受けている人や仕事をしている人には、時間的に無理があるとの気持ちがあります。

ましてや、失業中で失業保険をもらっているという状態の人にとっては、就職に有利と言っても、学費の必要な専門学校など論外と思いがちです。目標の断念につながったり、今までの職場よりも良い転職ができなかったりという結果になってしまう人が多くみられます。

目指すものがしっかり取得できることと、それを生かした就職や転職へと有利に道を開けるようになるためには、やはり専門学校での学びは欠かせません。企業によっては、しっかりと専門機関で学んで資格を身に着け、実践力に長けた人を得るために、専門学校とタイアップをしているというところもあります。目指すものの取得だけでなく、求職関係の情報も得られるという状況は、学びの意欲もさらに高まるでしょう。

通信であれば、いつでもどこででもスマホなどで、講師とのネット学習ができる工夫のある学びを提供している学校もあります。平日の昼間だけではなく、土日、夕方や夜間の学びなど、自分のライフスタイルや事情に合わせて差し支えなく学べる専門学校もあります。

大事なのは、知識や実践力を証明することを目指すからには必ず取得することと、それを生かした就職先を明確化できるということです。つまり、学びの目指すところは、証明書的なものだけでなく、実質面としての保証が伴うということですから、学費以上の価値があります。

 

給付制度も利用してしっかり学ぶこと

しかし、専門学校の授業料のことを考えると、やはり独学しかないと考えが戻ってしまう人も少なからずいるでしょう。特に失業している人にとっては、どんなに学びがライフスタイルに合わせられると言っても、数万円であるとしても、生活のことを考えると、行動が起こせないのも当然のことでしょう。しかし、そのような人たちのために、教育訓練給付制度があるので利用することを考えましょう。

まずは、専門学校で目指したものを取得するための講座が一般教育訓練制度を利用できる教育訓練給付制度対象のコースであるかを調べましょう。もし、そうであれば4千円から10万円までの範囲で学費の2割を支給してもらえます。通学であれば受講開始日の時点、通信であれば教材発送日の時点において、雇用保険の被保険者であった期間が通算で1年以上の場合であれば利用できます。

なので、受けたい講座を見つけたら、ハローワークと専門学校の両方に、しっかりとそのことを確認すると安心です。失業保険をもらいながらの給付が可能であることもうれしい制度です。優良であるとの評判の資格取得専門学校を見つけて、相談をしてみましょう。

良い学校との出会いは、しっかり応用できる実践的な力を身に着けられることもあると言えます。自分自身に今まで以上に自信を持てる結果ともなりますから、どの企業においても採用したい人材となるに違いありません。

 

実務において、今よりも自らをスキルアップさせる実践力を取得することで人材価値を高めて、就職や転職に有利にしたり、選択できる範囲を広げることが大事です。そのためには確実に力が付き就職の確実性を得られる専門学校で学ぶのが良いでしょう。

評判の良い専門学校を選ぶことも大切ですが、失業している人においては教育訓練制度を利用して学ぶこともプラスして調べましょう。学費のことを心配して短絡に独学を選ぶよりも、その点も考え、その制度が利用できる専門学校と対象のコースを見つけるということが大事です。

良い専門学校に出会えれば、就職後に支払った分以上のさまざまな付加価値を得られるでしょう。専門学校で得られる資格の性質は資格そのものではなく、その学びによって仕事面で深く広く、役立ってくれるであろう人材であることを期待され、採用において優遇される可能性は高いのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧