人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格の合格点を知っておこう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/08

人事や経理もしくは総務などの仕事のために、資格の取得を検討しているという方もいるでしょう。

実際に取得するためには、試験を受けて合格する必要があるケースがほとんどです。

では合格するためには、どのくらいの点数が必要になるのでしょうか。

条件は試験によって異なるので、個別に確認していくことが大切です。

 

まずは試験の内容について考えてみよう!

人事や総務さらには経理などの仕事に役立てるために、資格を取得しようと考える方も数多く見られます。このときのポイントになるのが、どのような資格を取得するのかという点です。選択できる種類は数多くあるため、自分にとって役に立ちそうなものを選択するようにしましょう。このとき役に立つかどうかだけではなく、取得しやすさについて考えることも忘れてはいけません。

習得したいと思えるスキルがあったとしても、実際に取得するためには試験に合格する必要があるものがほとんどです。そのため欲しいと思って勉強をしても、合格できなければ就職や転職などの場では役に立ちません。自分の実力を証明する材料にするためにも、合格できそうなのかという点を考慮したうえで選択しについて考えていくようにしましょう。

まずチェックすべきポイントの1つが、試験の内容はどのようなものなのかという点です。全問題がマークシート式ということもあれば、記述問題があるケースも見られます。場合によっては実技や面接が必要なこともあるので、内容をよく確認したうえで判断することが大切です。面接などは苦手という方は、ペーパー試験のみのものを選んでみましょう。

試験の内容を把握したい場合には、過去問を参考にすることも必要です。過去問を把握することで、試験の傾向や自分でも合格できそうなのかという点について考えていくことにつながります。このとき試験問題をみて自分の今ある知識でもある程度対応できそうな場合だと、合格に必要な勉強時間を短縮できるかもしれません。

例えば就職や転職のために取得を検討している場合、勉強の期間で1年以上かかってしまうと仕事探しのうえでアピールポイントには利用できないということもあるでしょう。就職や転職活動までの期間が短い場合には、比較的早く取得できそうなものを選ぶことも大切です。実際に合格した方の平均勉強期間などを参考に、どのような資格を取得したいか考えていくこともポイントの1つです。

 

合格点はそれぞれ異なるので個別に確認!

人事や総務さらには経理などのビジネスで役立つ資格試験を受けるとき、どのくらいの点数が求められるのでしょうか。このときのポイントになるのが、合格に必要な点数は種類によって違いがあるという点です。そのため個別に合格点を確認したうえで、試験対策をおこなっていくことを忘れないようにしましょう。

実際に合格基準について調べてみると、全体の8割以上の得点が求められるものもあれば60%以上の点数が合格基準というケースも見られます。合格に必要な点数が高い場合には、小さなミスが命取りになってしまう可能性もあります。1つのミスで不合格という結果を防ぐためにも、細かい点にも注意しながら勉強を進めていくことが大切です。

では合格点のためには、どのような勉強方法が適しているのでしょうか。そのためのポイントの1つに、過去問を把握するという点があげられます。過去の試験でどのような問題が出題されたのか知ることで、傾向を把握したうえで勉強を進めることができるでます。出題されやすい問題は念入りに確認して、確実に点数を伸ばせるようにしていきましょう。

過去問といっても、似たような問題が出題されるとは限りません。あくまで問題形式を参考にするという形にして、出題範囲はまんべんなく学んでいくことがコツの1つです。合格のためだけなら頻出問題をチェックすればいいかもしれません。

ですがビジネスを考えた場合だと、その場しのぎの対策では役に立たない可能性が高いのです。1つ忘れてはいけないのが、ビジネスのための資格は合格して取得するところがゴールではないという点です。ビジネスの場で活かしたいと思って取得を目指す方がほとんどです。そのため取得することだけを目的に勉強するのではなく、自分にとって役立つ知識を吸収できるように勉強する必要があります。一夜漬けのようなスタイルではなく、一生ものの知識を身に付けようという姿勢が大切です。

 

合格点までの道のりについて考えてみよう!

ビジネスで役立つ資格試験の合格点がわかったら、次は合格するまでの道のりを考えていいきましょう。当たり前の話ですが、合格点が全体の6割で合格率が高い試験でも自分の知識が不十分だと不合格になってしまいます。何度も試験を受けると、受験料がかかって勉強にも時間がかかります。お金や時間の節約のためにも、1回でスムーズに合格するための道のりについて考えていきましょう。

合格のために必要な道のりの第一歩が、どのような方法で勉強するのかという点です。学習方法としては、独学なのかそれとも通信講座やスクールを利用するのかなどの方法にわけられます。ある程度の基礎知識がある分野であれば、テキストを選んで独学にしても対応できる可能性が高くなります。

一方で基礎知識が0のような分野だと、独学だと難しいと感じて途中で挫折してしまうかもしれません。基礎知識が少なくて不安な場合には、0から学べる通信講座やスクールを検討するのも1つの手です。

実際にどのような学習方法が適しているのか知るために、合格体験談を参考にするのも選択肢の1つです。受験して合格した方の勉強方法を知ることで、自分に合った試験対策方法について考えていくことにつながります。

同じ内容の試験を受けるとしても、適した学習方法というのは個人のスタイルや状況に応じて異なります。だからこそ自分の状況を整理したうえで、体験談などを参考に学習方法を考えていくことが大切です。

合格までの道のりを考えるうえで欠かせないのが、期間を明確にしておくという点です。試験を受ける場合には、受験日が決まっています。そこで受験日から逆算して、どのようなペースで学習を進めていけばいいのか考えていくようにしましょう。受験日を意識していないと、まだ日にちはあるからと思って勉強を後回しにしてしまうこともあります。

効率よく勉強を進めるためにも、試験日を意識したうえで行動することが大切です。試験日までの勉強のスケジュールというのは、1度決めたら終わりにしないのもポイントの1つです。ときどき確認して、勉強の進行状況や理解度を整理しましょう。必要に応じて勉強の方法やペースを変えていくことで、試験日に間に合うように対策を進めることにもつながります。

 

人事や総務さらには経理などのビジネスのために、資格を取得しようと考えている方もいるでしょう。このとき取得には試験を受ける必要がありますが、合格に必要な点数は資格によって異なります。全体の8割以上の得点が求められるものもあれば、6割以上の正解が条件のケースもあります。

個別に合格に必要な点数を把握したうえで、どのような対策が必要か考えていくことが大切です。対策といっても、勉強の進め方には独学やスクールさらには通信講座の利用などの選択肢があります。自分の状況や試験までの日数を整理したうえで、適した形で試験対策をおこなっていくことが大切です。体験談などを参考に、自分に合った選択肢を探っていきましょう。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧