人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理になるには資格は必ず必要?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/21

人事や総務、経理は、財務や経理面で優れた専門性を証明する資格が転職への成功させるということがあります。

起伏が大きい現代の波に上手に乗らなければならない状態の中、企業は決算だけでなく、資金の管理や運用、海外拠点の管理など、内部に公認会計士並みの知識と先を見越した判断ができる人を常に求めているのです。

 

新しく注目される実務力を身につけることの有利性

例えば、前職が全く異なる職種であったからこそ、事務処理能力と経済の動向を見すえた財務管理ができる力を身につけた人材は、事務職畑だけで生きてきた人たちよりも、視野も広く、複数の観点から物事を見ることができる洞察力を持っています。

転職において、多様な能力を持っていれば、まったく今までと異なる事務的な職に転じることでさらなる活躍できる場を得ることになるというのが夢ではない時代です。

よく知られている日商簿記、英語検定、漢字検定などに合格することも、自分の中の知識と教養が豊かになり、実務において広く活躍する機会となるでしょうが、最近は、中小企業診断のノウハウを学んで企業経営管理や人材育成に秀でた実務実践能力を身につけようと考える人たちもずいぶんと増えています。

日々どころか時間刻みの動向に対応できなければならない世の中ですから、企業にとって、労務や経営の専門知識と実践力を持つ人材の需要は高まる一方というのは当然のことでしょう。

頻繁にメディアに取り上げられる労働環境については、社会的問題ともなっています。それらの整備について、専門的に通じている人材は頼みの綱にもなります。そのため、今、人事、経理、総務において役に立つ、あるいは求められる知識と実践力というのは、本当に多いのです。

だから、それらに比例して、実力を証明する資格も注目されている種類は驚くほど増えていますから、このような資格まで注目されているのかというほどなのです。例えば、カウンセラー関係、販路コーディネーター、労働時間適正管理者なども、すぐに職場で役立つ実践力となっています。一般的に意外に思われるこれらの免許が、非常に重要視されています。

働きやすい会社づくりや変化の激しい社会情勢に対する柔軟性と強さを目指す企業において、これらの力を持つ人たちは課題解決の突破口として期待されているのです。

 

どのような資質を身につけるかの選択

総務や人事、経理の仕事は庶務的で事務的といえども、その業務範囲が本当に幅広くなっており、多様な能力が必要です。単に知識があるということではなく、役立つ実践力があるかというところが人材として大事なところです。

専門的資質を生かして、社員の労務管理の分野で活躍をするのも良いでしょうし、経営や業務企画の力をつけるのも人材評価は高まるでしょう。コンプライアンスや企業のリスク管理をしたり、法務面での登記とか複雑な契約における管理なども、学べばおこなえる力が十分につくでしょう。

情報社会の中で企業が進展するための根幹を担っている部署になり、さまざまな分野に長けている人材は、非常に貴重です。そこで、実践力があることを証明する資格所持はとても大事なことです。

現在社会のニーズに敏感な企業のために、あるいは、自分の昇進や栄転のために、転職のために、奮起しようとしたときに気がつき立ち止まることがあります。片っ端から学ぶというわけにはいきませんので、何から学ぶのかを考えることになり、迷うからです。

金銭的にも時間的にもどれくらいかかるのかも想像がつきません。今身についている能力を考えて、まずは、無理なく学べるものを選択するのが良いでしょう。総務や人事、経理部門の視点で役に立つ資格、必要な期間や時間、費用、合格の難易度などの情報をしっかり収集して、チェックすることで、いつから何を学び、どんな資格取得を目指すのが良いのかが具体化されるでしょう。

まずは適した学びをするための取捨選択から始めましょう。

 

期間と費用だけでなくどこで学ぶかも大事

実務や知識をしっかりと学ぼうと士気高く取り組もうとしても、効率よく学ぶための適切な教材がなく、あちらこちらの本屋を渡り歩く人も多くいます。できるだけ、安価に自分にとって学びやすいように自分で学び方と時間を考えてのことでしょう。

しかし、基礎から順に学び、積み上げていく学び方や試験の傾向などを知らなければ、学びも困難になります。どんなに必死で知識を詰め込んでも実践につながらない可能性もあります。企業は、知識を応用できる人材を求めています。

ただ突っ走るのでは、努力がすべて無駄になります。それでは、転職などの面接において、学んだことをどのように役立たせるのか具体的なことを答えることができず、自身の人材価値のアピールに失敗するでしょう。

企業に認めてもらえる専門性と実践力を証明するためには、検定の内容について傾向もよくわかっていて、学びを上手にサポートしてくれる専門学校で学ぶのがおすすめです。壁にぶつかったときにはとことん尋ね、しっかり理解をして前進することができますし、知識は立体化され、現実に役立つ実践力へとつながります。

企業での生きる実務能力が大切なのですが、務めたことのない部署であると、現実に状況がわからない状態で学ぶことになります。それが、知識のみの学びになってしまうのです。そして、理解に困ったり、学ぶ期間がずるずると伸びたりすると焦りだけが大きくなります。新しい職場を探している失業中の人にとっては失業保険が支給されている間に何とかしたいところでしょう。

また、働きながら栄転並みの転職を目指す人にとっては、仕事をしながらであるので、効率よい学びのコツがつかめずに中途半端な学びになります。そうなると、何度受験しても失意状態となる可能性も高くなります。

それらを避けるためにも、自分の希望する学び方ができる専門学校を探して入学し、確実に仕事人としての資質向上と目的の達成をかなえることです。もちろん、学びや機関だけでなく費用の面でも相談したいところでしょう。ビジネス関係の資格やスキルアップについては、企業からの補助があったり、国からの補助金が出たりということもあります。

優秀な専門学校を見つけることができれば、その点も助言してくれますし、今まず自分が取得すべき資格やさまざまな手続きについても一緒に考えてくれるでしょう。途中であきらめないためにも、まずは評判のよい専門学校を見つけて相談することが大事です。

 

第一線に出て活躍する仕事ばかりが、ライセンスを必要とするわけではありません。情報化時代のため経済状況の起伏の激しい波や社会の批判や評価に対応することができる実践力がいろいろとあればあるほど、経理や人事職においても役に立つ人材として高い評価がされます。

そして、その知識と実践力を証明することができるのは、きちんと専門学校で学んで得たライセンスです。今の時代に必要な資格として注目されているものは非常にたくさんありますので、自分が何から学ぶのが良いのか、どれくらいの期間で学べば取得できるのかは、今のそれぞれの状況や将来への展望などによって適した講座は違ってくるでしょう。

その選択を間違えると何もかないません。まずは、専門学校に相談して、それを具体化したうえで学びに入るということがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧