人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取得するために暗記はいけない?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/28

人事・総務・経理などで役立つ知識を得るため、資格を取得しようと考えている方も多くいるでしょう。

そのような方の中には、取得するための試験のために暗記をすればいいと思っている方もいます。

ですが取得を目指す目的によっては、その場しのぎの暗記では後悔するリスクもあるので注意が必要です。

 

自分が取得を目指す目的を整理してみよう!

人事・総務・経理の転職などに役立てるために、資格を取得しようと考えている方もいるかもしれません。このようなときのポイントになるのが、なぜ取得したいと思っているのかという点です。

目的がはっきりしていれば、試験のための勉強をするためのモチベーションの維持にもつながります。具体的な目標がなく勉強する形だと、やる気につながらず学習の成果が出にくくなるので注意が必要です。実際に取得を目指す目的は、転職に有利だからという方も多くいます。

ですが転職のためだけではなく、その後の社会でも役立ちそうだからという理由が含まれている方も見られます。そこで転職のために取得するだけではなく、ジネスでも役立てられるように知識を身に付けていくことが大切です。

例えば資格を取得したいのであれば、どのような種類を選択するのかもポイントです。民間のものまで含めると、取得できるものの種類は数多く存在しています。数ある中から人事などの仕事にこれからも役立つものを選ぶことで、自分のステップアップにもつながります。

勉強したものの中には、社会人を続けるうえでずっと役立つ知識が得られるものも多く見られます。それらの知識を習得して、長い目で自分をより良い形で輝かせられる選択肢を探っていくようにしましょう。

また取得したいという漠然とした目標はあるものの、どのような種類を選んだらいいのか迷ってしまう方も多くいます。種類の選択で迷っている場合には、実際に働いている方の口コミを参考にしてみましょう。働いている方が役立つと思っているスキルであれば、自分も習得することでビジネスにおいてプラスアルファの効果が期待できるかもしれません。

さらに取得を目指すうえでは、自分との相性を考慮することも忘れてはいけません。取得のためには試験が必要なものもありますが、難易度や受験料さらには合格率などのポイントには違いが見られます。それらのポイントを比較して選ぶことで、自分が取得を目指すのに相性がよさそうなものを選択することにもつながります。

 

取得だけが目的ならば暗記もありなのか?

資格を取得するためには、検定試験を受けて合格しなければならないものがほとんどです。そこでポイントになるのが、合格するためにはどのような勉強方法が必要になるのかという点です。

自分に合った勉強方法を見つけることで、試験のために必要な知識を身に付けていくことにもつながります。試験勉強と聞くと、学生時代におこなっていた暗記という学習方法を思い浮かべる方も多くいるでしょう。ですが暗記を選択する場合には、1つ注意しなければならない点があります。特に試験前の短い期間で覚える暗記だと、その場しのぎの知識になってしまう可能性が高いのです。

ビジネスに関する知識であれば、覚えることでその後の社会人生活でも役立つかもしれません。ですがその場しのぎの暗記だと、役に立つのは試験の場だけになってしまいます。もしも取得の目的が転職活動を有利にすることだけの場合、その場しのぎの暗記でも問題ないと考えている方もいるでしょう。

もちろん目的が取得だけなのであれば、暗記方法によって乗り切るのもいいでしょう。ですがビジネスに関する資格というのは、特定の単語を暗記するだけでは対応できない問題も多くなっています。文脈を読み取って、適切な答えを導くだす必要が出てくるケースも見られます。

試験が暗記で乗り切れるか判断するために、過去問をチェックしてみましょう。過去問をチェックしてみると、暗記だけでは対応できないような問題が多い試験の種類が存在していることがわかります。実際にどのような問題が把握されるのか傾向をつかんだうえで、より良い形で学習が進められるようにしましょう。

また学習方法を考えていくうえで、通信講座の利用を検討するのも1つの手です。基礎知識がない分野の場合、専門用語が多い参考書などを購入しても全然理解できずに挫折してしまう可能性もあります。そこで通信講座を利用することで、基礎知識が少ない分野でも無理なく学習を進めていきやすくなります。さまざまな通信講座が用意されているので、評判などを参考にしながら自分に合った形で学習ができるのか考えていくようにしましょう。

 

社会人に必要な知識だからこそ身につく勉強法を選ぼう

暗記なら得意なものの、具体的に人事・総務・経理に役立てるための資格を取得するためにどのような形で学習を進めていけばいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。そこで試験対策を進めるために、具体的に何から始めていけばいいのか考えていくことが大切です。1つずつ順番に考えていくことで、無理なく試験対策をおこなうことにもつながります。

まず大切なポイントになるのが、試験の日程を確認するという点です。試験まで3ヶ月なのかそれとも半年あるのかという点に応じて、必要な学習のペースに違いが生まれます。試験範囲が広くてあと3ヶ月しかないという場合だと、集中して学ばなければ範囲全てを網羅しにくくなるので注意が必要です。日程を確認したうえで、どのくらいのペースでの学習が必要になるのか考えていくことが大切です。

試験日の日程がわかったら、自分の生活の中で無理なく学習に使える時間を考えていくようにしましょう。仕事のスケジュールなどに応じて、週末まとめて学習するほうが適している方もいれば、1日10分くらいずつでもコツコツ学ぶほうが得意という方もいます。ポイントになるのが、無理なく生活の中に学習時間を組み込むというものです。

無理して学習時間を作ると、ストレスがたまる原因になってしまいます。ストレスをためずに学ぶことで、効率よく理解していくことにもつながります。1日10分ずつの学習といわれても、平日は仕事で忙しいので時間を確保するのが難しいという方もいるかもしれません。ですが1日10分であれば、ちょっとした隙間時間を活用して学べます。

例えば通勤中の電車内や寝る前のちょっとした時間を使うことで、無理なく生活の中に学習時間を取り入れやすくなります。特に寝る前に覚えた知識は定着しやすいので、布団に入る前に10分だけテキストを読む習慣を身に付けるのも1つの手です。

人事・総務・経理のための資格の学習方法といのは、暗記以外にも数多くの方法があげられます。テキストを何回も読み込むだけでも、前後の文章の意味を理解していくことにつながります。また問題集をとくことで、試験対策をおこなえます。さまざまな学習方法があるので、試験までの時間や状況を考慮しながら自分に合った形で学んでいくようにしましょう。

 

人事・総務・経理に役立つ知識を得られる資格を取得するための勉強法として、暗記を選ぶ方も多くいます。ですが暗記だとその場しのぎの知識になって、社会人になってから得た知識が活用できないかもしれません。

実際に学習を進めるときには、試験までの日程を考慮してスケジュールを考えていくようにしましょう。寝る前の10分でテキストを読むなど、隙間時間を活用することで無理なく学んでいくことにもつながります。自分に合った形で無理なく学ぶことが、ストレスをためずに知識を得るためのコツです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧