人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

国際的に活躍できる人事の資格はある?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

一般的な企業でおこなわれている仕事の中でも、会社の業績に大きく左右するのが人事の仕事です。どのような人材を選ぶかによっても会社の業績が大きく左右される場合があるので人事の役割は非常に重要になります。人事の仕事を国際的なレベルでおこなうためにあると役立つのが各種の資格です。

世界的な規模で仕事をしたい場合

人事・総務・経理の仕事はそれぞれ会社において重要な役割を担っていますが、その中でも人事は他の二つの仕事とは異なった独自の能力が求められています。人事の仕事において特に重要になるのが仕事をするのに適している人材を見つけることです。

そのために、人事の仕事においては、コミュニケーションのための能力も広く求められています。人事の仕事の中には国際的に活躍できるような仕事もありますが、多くの国で事業をおこなっている多国籍企業の人事の仕事などはその典型的なものです。

こうした職場以外にも、国際的に働くことができる人事の担当者となるためには、マスターしておいたほうが良い資格もあります。その中でも人事の仕事に直接関係してくる仕事として欠かせないものが言語能力に関するものです。

人事の仕事をするうえで重要になるのが、就職を希望する人の中から、より会社の仕事にとって適した人材を見つけることです。それは日本国内であっても、インターナショナルな舞台であっても変わりはありません。世界的な規模で事業をおこなっている多国籍企業の場合には、日本人以外の求職者に対する人事の仕事をしなければいけないような場合も多くあります。

こうした場面において役に立つのが各種の言語の資格です。言語をしっかりと理解できるようになることで、求職者の母国語が日本語以外である場合でも、相手のことを理解するのに非常に役立ちます。外国語がわかるようになれば、面接などでも外国の言葉を使って話すこともできるようになります。

海外では人事の仕事をする場合には、その国の母国語をマスターすることは必ず必要になります。できるだけ多くの国の言語をマスターすれば、それだけ多くの国の企業で働くことができるような機会も増えることになります。そのために、世界的なレベルで仕事をしたいと考えている人は、常日頃から外国語の勉強をすることが重要です。

簡単な日常会話レベルの語学力だけでなく、少なくとも面接の試験で相手の言ったことをしっかりと理解できるようなリスニングの能力も必要になります。こうした能力を総合的に伸ばすためにも、試験のための勉強は非常に役に立ちます。試験勉強をしながら自然に外国語を学ぶことができます。

何かと役にたつ英語についての能力

国際的に活躍できる人事担当者のための資格として、あると便利なのが英語の能力に関するものです。海外で活躍するためには外国の言葉をできるだけ多く学ぶ必要がありますが、その中でも特にビジネスマンにとって欠かせないものが、英語の能力です。

英語は世界で最も広く話されている言語の一つであることから、世界レベルで人事の仕事をしたいという人にとっては欠かせないものになります。そのために取得しておくと役に立つのがTOEICです。TOEICは英語を母国語としない人のために試験であり、英語でコミュニケーションができる能力を測定するための資格です。

この試験でできるだけ高いスコアを獲得することによって、英語で高度なコミュニケーションがとれることを証明することができます。人事の仕事においてはコミュニケーションの能力が特に重要になるために、英語との能力を向上させることで、仕事をするにも何かと役立ちます。

世界的なレベルで働くことができる企業に求職をする場合にもこうした能力は役に立ちます。履歴書などにも記載することができるので、英語のコミュニケーション能力をしっかりとアピールするためにも有効です。人事の仕事を他の会社でしたことがある経験があるならば、英語の能力はさらに求職などにも役立ちます。

英語もできて人事の仕事の経験も豊富にある人ならば、採用をする人にとっても魅力的な人材に映ります。実際に世界的なレベルで人事の仕事をする際にも、こうした能力は何かと役に立ちます。特にアメリカやイギリスなどの英語を母国語として使用している国に本社がある企業で働く場合には、必ず必要な能力といえます。

本社がある国とは別の国にある支店で人事担当者として働く場合にも英語の能力は不可欠になります。アメリカやイギリスの企業の場合、日本国内にも英語を母国語としている人が働いている場合も多いことから、英語の能力があれば何かと心強いです。

人事の仕事をする場合でも、同僚に英語しか話せないような人がいる職場であっても、英語の能力が高ければ、十分にコミュニケーションをとりながら、人事の仕事を進めることが可能です。こうした意味からも、英語の能力を伸ばせるTOEICはさまざまな面で有益です。

世界中のさまざまな言語で働く人事の仕事

世界を舞台にして働くことができる人事の担当者となるためには、英語以外の能力を伸ばすことも不可欠になります。そのためには日ごろからこれらの能力を伸ばすための継続的な努力が欠かせなくなります。ただ言語能力を伸ばすためだけに勉強をしても、目的が曖昧になって集中できないことも多いですが、試験勉強をするために言語を勉強すれば、より集中して言語の勉強をすることができます。

日本人のビジネスマンが国際的な舞台で活躍できる人事担当者として働くために役立つのが、アジアで広く話されている言語です。特に日本と同じように経済的に広く発展している韓国や中国の言語を学ぶことは非常に重要です。こうした言語を学ぶために取得すると役にたつ資格が、中国語検定試験です。中国語検定試験には複数のレベルがあるために、自分の中国語のレベルに合わせて試験を受けることができます。

一番簡単なレベルの試験に合格したあとは、より高いレベルの試験を受けて、少しずつ中国語の能力を向上させることができます。試験という具体的な目標を持ちながら、中国語の勉強を進めることができるので、マイペースで勉強をしたい人にも最適です。

一番レベルの高い試験では筆記試験だけでなく、面接試験に合格することも必要になることから、中国語の会話能力を向上させたい人にも非常に向いています。中国語をしっかりと理解できるようになれば、中国の会社で人事として働く場合にも有利です。また国内で人事の仕事を担当する場合でも、中国語を母国語とする求職者の面接をする際にも役立ちます。

日本の企業の中には中国に工場を所有している企業も多いですが、こうした企業で人事として働く場合にも、中国語の能力は役に立ちます。中国に工場がある企業で求められている人事担当者の能力は、現地の中国で人事の仕事ができる能力です。

現地で働く場合には、工場で働く労働者も現地の人を採用することになるために、面接などでも中国語の能力は欠かせないものになります。こうした能力がある人事の仕事の経験がある人ならば、中国に工場がある企業への転職なども有利になります。

 

国際的な舞台で働くことができる人事担当のビジネスマンとなるためには、さまざまな国の言語でコミュニケーションができる能力が何よりも重要になります。そのためにあると役に立つのが、言語の能力を証明することができる各種の資格です。

特に世界中のビジネスの世界で広く使用されている英語の能力を証明することができる試験などは、就職などの際にも幅広く役に立ちます。試験勉強をしながら自然に言語の勉強ができることも、こうした試験の利用しやすいところです。中国語検定なども、中国に工場がある会社で人事担当者として働く場合には役に立つ資格です。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧