人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事の仕事内容とは?どのような資格があると便利?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/28

人事や総務、経理というように、会社の内部で仕事をする部門の人はたくさんいます。

このような部署に所属するために必要な資格はどんなものがあるのか調べてみましょう。

どんな資格があれば有利になるのか知ることで、採用されやすくなります。

 

会社で費用を出してくれることもある

人事や総務、経理といった会社の中で働く部署にはさまざまな人が採用されています。どんな人が採用されているのか調べてみましょう。特に何らかの資格が必要なのかどうか調べることは大事です。

例えば経理は専門職でもあるので、スキルの高い人が望まれます。お金の計算をする部署だからこそ、誠実で迅速、正確ではないと務まりません。そして給与計算実務能力検定といったものがあります。これを持っていると有利になることがあるのです。

簿記や珠算といった基本的なものも望まれることでしょう。商業高校を出た人は高校時代に簿記や珠算の資格を取得することが多くなっています。よって、それを活かした会社や部署に所属することができやすくなるはずです。

高校生の頃から将来はどんな会社に務めたい、どんな部署に所属したいという希望を持っている人は、それに合う資格を取得しておいたほうがいいでしょう。当然、適切なものを持っている人は採用されやすくなります。求人の応募条件にも必要なスキルを提示されていることもあるのです。

しかし、高校時代などにスキルを身につけることができない場合もあります。それでももちろん慌てることはありません。親身的な会社の場合、入社してからスキルアップできるところもあるからです。会社が費用を出して資格試験を受けられるように手配してくれることもあります。

これだけ親身的におこなってくれるのには理由があり、それは結果的に会社のためになるからです。優秀な人材を育てることで会社側に利益がもたらされるというわけです。研修制度が整っている会社は最近とても増えてきています。会社に入ってからいろいろと身につけることができるところなら安心です。学生のうちにスキルを磨けなかった場合には育ててくれるような会社を選べばいいのです。その点も踏まえて適切な会社を見つけましょう。

 

専門的なものを身につける方法とは

人事や総務、経理といった部署に勤めるためには専門的な知識や技術を身につけることをおすすめします。必要な資格を取得すればいいのです。しかし、それには費用がかかります。採用されてからスキルアップに務めることもできるので、会社とよく相談をしてみましょう。

試験を受けるためには勉強する時間が必要です。仕事をしながらでは満足のいく学習時間をとれないこともあります。そこで会社と相談をして定時に仕事を終えられるようにするなど、配慮してもらうことが大切です。場合によっては会社がセミナーや研修に参加する手配をしてくれることもあります。会社側としてもどんどん人材が育ってもらうためには費用を惜しまないということもあるのです。このように、会社側が協力してくれるようなところに勤めると自身にとっても有効的といえるでしょう。

それから、どの部署にはどんなスキルがあったほうがいいのか調べることも大切です。せっかく何らかのスキルを身につけても、それを活かせないような部署に勤めているのでは意味がないからです。

例えば、衛生管理者というスキルを身につけていると、会社でも上の立場になれることがあります。特に人事側の人間として役立つことがあるのです。従業員を管理する立場になるため、人を見る目のある人が適しています。

他にはビジネス実務法務検定というものもあります。これはビジネスにおいてさまざまなシーンで役立つスキルなので、社会人なら取得しておいて損はありません。簡単にいうと、実践的な法律的知識を身につけられるものとなっています。現代社会では法律に関することを知っておくと役立つ機会はたくさんあることでしょう。

なかなか学習する時間がとれないという人はオンラインで学べる講座を受講したり、通信教育を利用したりするのもいいかもしれません。通学タイプのスクールでは時間がないとなかなか通うことができないからです。自宅学習であってもスキルアップをはかることはできます。上手にスケジュール管理をしましょう。

 

どんなスキルがあると有利になるのか

人事や総務、経理といった部署に配属されるようにするためには、必要なスキルを身につけることが一番です。例えばどんなものがあるのかというと、日商簿記検定が挙げられます。これは主に経理担当者向けのスキルです。

商業高校や商業科を選んだ人なら、学校でこのスキルを身につけられるように試験を受ける手配をしてくれるはずです。このような人は高校のうちに関連のスキルを身につけられるので効率的です。高卒で就職したいという人は高校生のうちに日商簿記検定を受けておくといいでしょう。特に社会的に有名であり、信頼されている資格試験なのでおすすめです。

それから、最近はパソコンを使えない若い人が増えてきているといわれています。というのも、スマートフォンで何でも情報を収集する傾向にあるからです。しかし、社会に出るとスマートフォンだけで仕事をすることはできません。パソコンを使う時間のほうが長くなります。書類作成などはどうしてもパソコンを使わないとできないからです。そこでパソコン関係のスキルを身につけることも忘れてはなりません。

例えば自分のパソコンスキルを証明できるものの一つに、MOSといった試験があります。マイクロソフト・オフィス・スペシャリストというものです。これを身につけておくと、社会に出たときにも重宝されることでしょう。合否の判定もすぐに出る試験なので効率的です。

しかし、スキルアップにばかり気をとられていると大事なものを見失ってしまうこともあります。特に人事や総務の仕事は全体的かつ細かな点にまで気遣いが必要です。ただスキルを活かせるだけではない仕事でもあります。人望や人柄が有利になることもあるので、自身の内面を磨くことも忘れてはなりません。

人事は人を見る目が何といっても重視されます。優秀な人材を見つけ出せるように目を磨くことが大切です。総務は何でも屋的な要素があります。細かなところまで臨機応変に対応できるようにしましょう。経理はお金を取り扱う大事な部署です。一円も間違えないように慎重になる必要があります。

もちろんこれらの部署にはそれぞれ適性もあります。大雑把な人はお金の勘定をするのは大変かもしれません。細かなところまで気を配ることができないような性格の人には務まりにくいことでしょう。このように適性も考えたうえで自身に合う会社や部署に応募することをおすすめします。

面接時に何もアピールすることがなくて不安な人は何か一つだけでも得意とするものを作りましょう。特技を記載する履歴書もあるので、そこに一つだけでもアピールできるものを作っておくと面接も通りやすくなります。

 

人事や総務、経理といった部署に所属している人を見ると、それぞれ何らかの資格を持っていることがあります。しかし、必ずしも何か取得していないといけないというわけではありません。

専門職ではありますが、何もなくても務まることはあるからです。それに会社によって採用基準は異なります。資格よりも人望や人柄、誠実さなどを重視して採用することもあるからです。まずはその会社の社風などを把握したうえで必要なものは何か調べてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧