人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取得する際の注意点は?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/28

人事・総務・経理などの仕事のために、資格の取得を検討している方も多くいるでしょう。

実際に取得を目指すときには、いくつか注意しなければならない点があります。

注意点を把握したうえで、スキルアップのためにできることを1つずつ進めていくことが大切です。

 

仕事に役立つものなのか考えてみよう

人事・総務・経理の仕事に役立てようと思って、資格の取得を検討しているという方もいるかもしれません。このようなときのポイントになるのが、どのような種類を選択したらいいのかということです。

例えば経理の仕事であれば、簿記や税務に関することなどさまざまな候補があげられます。また特定の職種に特化したものではなく、秘書やパソコン関連などビジネス分野全般に役立つ知識を得るという選択肢もあります。さまざまな資格の選択肢がありますが、実際にどのようなものが適しているのかという点は個人の状況に応じて異なります。

例えば現在働いている職種でスキルアップしたいのか、それとも社会人デビューに向けてビジネスの知識を身に付けたいのかというように考えていくことも大切です。自分の現在の状況を整理したうえで、どのような知識やスキルが必要になるのか検討することが大切です。

また今の仕事のためではなく、就職や転職のために知識を身に付けたいと考えている方も多くいます。就職や転職を検討しているという場合であれば、採用に有利となる種類がないのか考えていくことも必要です。特定の種類のスキルがあるとアピールできれば、採用に有利になるケースも見られます。

そこでどのような種類のものを取得していると有利なのか情報を集めて、自分に必要なものを考えていくようにしましょう。自分に必要な知識がわからなければ、実際に人事・総務・経理で働いている方の評判を参考にするのもいいでしょう。実際に働いている方であれば、仕事をするうえで役立つ知識やスキルに関する情報を持っています。そのような方がおすすめしている情報を参考にして、自分に必要な選択肢を探っていくようにしましょう。

1つ忘れてはいけないのが、自分が現在持っている知識だけで判断しないという点です。調べてみると、取得可能なものの種類には数多くのものがあることがわかります。自分が知っているものだけで選択肢を考えると、チャンスを逃してしまうかもしれません。まずはどのような種類があるのかという情報を集めたうえで、自分に合った選択肢を探すことが大切です。

 

取得しやすさを考慮することも忘れずに

人事・総務・経理に役立てられる資格には、さまざまな選択肢があります。ですが取得したいと思っても、無条件で入手できるものではありません。実際に取得するためには、講座の受講が条件のものもありますが基本的には試験に合格する必要があります。そこで取得を考えている場合には、興味があるもしくはビジネスに役立ちそうという点だけではなく、取得しやすさにも注目することを忘れないようにしましょう。

では取得しやすさについて考えたとき、受験者の半分以上が合格しているようなものならば、比較的入手しやすくなります。一方で合格率が3%という場合には、すぐには取得するのが難しいので注意が必要です。例えば履歴書に書ける資格がほしいという場合、合格率が3%のものにチャレンジしても転職や就職活動までに間に合わない可能性が高いです。転職や就職で履歴書に書きたいなら、合格率が高いものにチャレンジしてみましょう。

また合格率と合わせてチェックすべきポイントとして、合格のボーダーラインがあげられます。試験に合格するためには、全体の70%以上の得点が必要などの条件があります。合格のために必要な点数の割合は、試験の種類によって異なります。

ほかにも取得しやすさを考慮するなら、試験の回数を確認することも必要です。年に1回しか試験がないものだと、1度のチャンスを逃すと次の年までチャレンジできません。一方で年に4回チャンスがあれば、自分の状況に合わせて試験日を決められます。なるべく早い段階で転職や就職に役立てたいと考えている場合であれば、試験日が比較的近いものを選択するようにしましょう。

また取得を目指すものによっては、勤務経験などの受験資格が存在しているケースも見られます。受験資格の有無は、実際に勉強を始める前に忘れずに確認しておくことが大切です。細かい条件まで確認しておくことで、後から焦るリスクを減らせます。

 

実際に勉強できる時間を考えてみよう

人事・総務・経理の仕事で役立つ資格を取得したいと考えている場合、どのような点に注意したらいいのでしょうか。その際の注意点の1つに、どのような内容が試験に出題されるのかという点があげられます。1つの資格試験における出題範囲というのは、種類に応じて異なります。1冊のテキストを網羅すれば合格しやすいものもあれば、出題範囲が広くて1~2ヶ月での対応が難しいケースも見られます。

そこで勉強に使える時間や取得したい日にちなどを参考に考えていくのも1つの手です。取得したいという願望があっても、毎日の仕事や家事さらには子育てなどに追われていると勉強時間を確保するのが難しいという方もいるでしょう。勉強時間の確保が大変な方は、出題範囲が広くて合格率の低い試験だと合格するのは難しい可能性も高くなります。

そこで自分の勉強に利用できる時間を考慮したうえで、自分が無理のない範囲で学習を進める方法を考えていくことが大切です。平日は仕事で土日は家事で忙しいというような方は、勉強時間が確保できないので試験は無理だとあきらめている方もいるかもしれません。ですが時間がないとあきらめていたら、何も挑戦することはできません。本気でステップアップしたいという意欲があるならば、使える時間を工夫して考えていくことも大切です。

例えば忙しい日々の中で学習時間を確保するための方法の1つに、ちょっとしたスキマ時間を活用するという選択肢があげられます。電車通勤をしている方なら、移動時間の5分や10分でテキストを読む習慣を作るのもいいでしょう。

勉強時間ときくと、30分や1時間などのまとまった時間の確保が大切と思う方もいるでしょう。確かにまとまった時間があれば集中して、問題を解くなどの形で活用できます。ですが無理に時間を確保するより、1日5分くらいの積み重ねを大切にすることで無理なく続けることにもつながります。

また無理なく出題範囲をカバーしていくために、計画的に学習することも忘れないようにしましょう。試験日までの日数を逆算して学習していくことで、無理なく出題範囲をカバーしていくことが可能です。

 

人事・総務・経理に関連する資格にはさまざまな種類が存在しているので、自分の状況を考慮したうえでどのような選択肢が適しているのか考えていきましょう。また種類ごとに合格率や試験で合格するために必要な点数にも違いが見られます。そこで取得しやすさを考慮して、自分に合っているものを考えていくことも必要です。

ほかにも注意点の1つに、試験勉強に関することがあげられます。忙しくて勉強時間を確保できないという方は、電車での移動中など少しのスキマ時間を上手に活用することが大切です。自分に合った種類や勉強方法を選ぶことで、より良い形でスキルアップしていくことにもつながります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧