人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

種類がある人事・総務・経理の資格の選び方は?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/22

人事・総務・経理の仕事で役立てるために、資格の取得を検討している方もいるでしょう。

そのようなときのポイントになるのが、どのような基準で選択したらいいのかという点です。

選び方のポイントを把握したうえで、自分にとってプラスとなる選択ができるように工夫することが大切です。

 

業務内容から必要な知識について考えよう

関連する知識を学ぶことで、効率よく仕事をすることにもつながります。また出世や昇給につながることもあるので、機会があれば積極的にチャレンジしてみましょう。ここで問題になるのが、資格を取得したい場合にはどのような基準で選択したらいいのかという点です。

人事・総務・経理の仕事に関連する内容だけでも、さまざまな選択肢が存在しています。数ある選択肢の中から自分に合ったものを選ぶことで、仕事のためになる知識が得られます。自分にとってプラスになるものを考えて、より良いものを選択できるようにしましょう。

実際に自分に合ったものを選ぶためには、目的を整理することも大切です。転職や就職に役立てたいという方もいれば、得意な分野を伸ばしたいと考えている方もいます。一方で苦手分野を克服するために、学ぶことを検討している方もいるでしょう。自分がどのような内容を学びたいのか考えたうえで、適切な分野を考えていくことが大切です。

例えば経理などの仕事に関わる場合には、お金に関連する内容を学ぶことも欠かせません。社内のお金の動きを把握できるようになることで、円滑に業務を進めることにもつながります。お金に関連する内容といっても、それだけでも多くの分野があげられます。

そのため自分の今持っている知識だけで選ばずに、どのような選択肢があるのかチェックすることも必要です。数多くの選択肢があることから、自分が知っているものだけで選ぶと視野が狭くなってしまう可能性があります。実際にどのような候補があるのかという一覧で考えていくことで、さまざまな可能性を考慮することにもつながります。

多くの選択肢を把握したうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。実際にどのような選択肢がいいのか迷ったら、評判を参考にするのも1つの手です。評判を参考にすることで、具体的にどのような内容のものなのかという点も含めて判断できます。また評判を参考にするのか、役に立ったのかという点も含めてチェックすることが大切です。

 

社会人としてのマナーを幅広く学ぶことも可能

人事・総務・経理の仕事に便利な資格といっても、これらの業種に特化した内容を選ぶ必要はありません。ビジネスマナー全般に関連することを学習するのも大切です。

例えばパソコンに関連するものであれば、どのような職種でも役に立つ可能性が高いです。さまざまな職種で役に立つものを選ぶことで、転職して仕事を変えたとしても活用できるかもしれません。

ビジネス全般に役立つものといっても、マナーに関することからパソコン関連さらにはお金のことなどさまざまな選択肢があります。そこでどのような選択肢がいいのか考えていくために、自分が興味のある分野を絞っていくようにしましょう。

例えばマナーに関連することであれば、仕事だけではなく対人関係にも役立つかもしれません。一方でパソコンに関することは、プライベートでも活用できます。ほかにもお金に関することは、生活におけるお金の流れを把握することにもつながります。自分が興味のある分野であれば、積極的に学習しやすいというのもポイントの1つです。

資格を取得するといっても、試験に合格する必要があります。簡単に試験は合格できるものではないので、興味を持って学習できるもののほうが積極的に取り組みやすいのです。だからこそ内容をチェックしたうえで、自分が興味を持てるか考えていきましょう。

テキストを開いてみることで、学べる内容や自分が興味あるか判断できます。学習を始めてから分野の内容を把握したら、自分には合わないなどの理由で後悔するかもしれません。後悔するリスクを下げるためにも、事前にどのような内容かチェックしておくことは大切です。

自分に何が必要なのかという点は、個人の状況に応じて異なります。働いているうえで自分に足りないと思う部分を補えるようにするなど、自分に合った形で検討していきましょう。1つの視点から考えるだけではなく、さまざまな方向から検討することで自分に合った選択肢を探しやすくなります。

 

細かい条件から絞っていくのも1つの手

人事・総務・経理の仕事に便利な資格選びで迷ったら、まずは条件を整理していきましょう。同じようにビジネスに関連するものでも、さまざまな点で違いが見られます。細かい条件を1つずつ比較していくことで、自分に合ったものを選択することにもつながります。

例えば自分に合ったものを見つけるためのポイントの1つに、どのような目的で取得を考えているのかという点があげられます。転職や就職を考えている場合には、履歴書に記入したいという方もいるでしょう。履歴書に記入したいとき、転職や就職に有利になる資格を考えて選択することも可能です。

また履歴書に記入したい場合には、転職や就職活動の時期を考えて行動することも大切です。半年以内に転職したい場合、次の試験が8ヶ月後のものだと履歴書に記入することはできません。また試験日が3ヶ月後でも、出題範囲が広いものだとすぐに取得するのは難しいので注意が必要です。すぐに取得したいという場合には、自分がある程度の基礎知識があって勉強が間に合いそうなものを選択しましょう。

実際に試験の範囲や難易度をチェックしてみると、さまざまな違いがあることがわかります。試験の範囲はテキスト本1冊程度のものもあれば、分厚い参考書が何冊かないとカバーできないものもあります。

前者の場合であれば、数ヶ月の学習でも対応できる可能性も高くなります。一方で出題範囲が膨大なものは、1年単位で学習を検討する必要があるかもしれません。自分がいつまでに取得したいのかという点も考えて、検討していくことが大切です。

また学習方法について考えていくことも大切なポイントの1つです。お金をかけずに学習したい場合であれば、独学で対応できそうなものを選びましょう。一方で基礎からしっかりと学びたいのであれば、スクールや通信講座を利用することもできます。ただしスクールや通信講座はお金がかかるので、予算と相談しながら検討することも欠かせません。

 

人事・総務・経理の仕事に便利な資格といっても、さまざまな種類が存在しています。実際にどのようなものが適しているのか点は、個人の状況に応じて異なります。だからこそ自分の状況を整理したうえで、どのようなものが適しているか考えていくことが大切です。

例えば人事・総務・経理の仕事に関連したものを選ぶ方法もあれば、ビジネス全般に関わる資格を選ぶことも可能です。また実際に取得を考える場合には、試験を受けて合格しなければなりません。そこで試験日や難易度さらには勉強の方法も含めて考えて、どのようなものがいいのか選ぶことができますね。総合的に判断することで、後悔しない選択をしやすくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧