人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取得する難易度は?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/08

人事や総務や経理の資格を取りたいのなら、適当に選んで勉強を始めるのではなく、難易度をしっかりと把握する必要があります。

難易度を知らずに勉強してしまうと、試験の不合格が続いて、途中で挫折する可能性があるので気をつけましょう。

こちらでは、取得を目指すときに、知っておくとよい難易度の調べる方法を紹介していきます。

 

資格の取得を目指すなら難易度の確認を

会社で人事や総務や経理の仕事をしていて、現状に不満を持っているのなら、キャリアアップの方法を考えている場合もあるはずです。そのときは仕事で成果を上げるのもよいですが、資格を取得して会社にアピールするのも賢い手段だといえます。

人事や総務や経理の仕事で使えるものはたくさんあるので、自分の状況を考えてベストなものを取得してしまいましょう。なお、人事や総務や経理の仕事に力になってくれる資格を取得したいと考えたときに、難易度が気になる場合もあるでしょう。

できる限り簡単で役立つものを取りたい場合もあるでしょうし、高難易度のものにチャレンジしたい場合もあるはずです。もしハードルの高さを知りたいのなら合格率を調べるようにしましょう。

合格率さえ分かれば、難易度がハッキリとするので、簡単なものでも難しいものでも目的に合ったものを取得できるようになります。

 

公式ホームページで合格率のチェック

合格率を調べる前に、まずは人事・総務・経理の資格について調べることから始めましょう。産業カウンセラーや簿記など、いろいろなものがあるので、自身の気になるジャンルで調べてみることをおすすめします。それぞれの概要までしっかりと調べるようにすれば、自身に役立つものを探しだすことができます。

ちなみに、資格商法という商売の可能性があるので、取得するべきものを選ぶときは注意しなければいけません。その商売は取っても意味がないものを価値のあるように見せかけて、取得させようとするものです。概要を調べているとメリットばかり書かれていて、とても魅力的だと感じるのですが、会社からはまったく評価されない可能性があります。

いくら魅力的でもお金を支払えば取得できるようなものでは、誰でも取れるため、会社から評価されはしないでしょう。例え試験があったとしても、ほぼ100パーセントの受験者が受かるようなものでは価値はまったくありません。もし会社からの評価に繋げたいと考えるなら、ある程度の努力が必要で、多くの人に認知されているメジャーな資格を目指すことを強くおすすめします。

そして、いくつか受験したい候補を見つけられたのなら、次はインターネットで、それらの公式ホームページを探してみましょう。メジャーなものなら、ほぼ間違いなく公式ホームページが用意されているため、簡単に見つかります。もし現在のインターネットが発達した世の中で、公式ホームページが用意されていないのなら、受験することを考え直したほうがよいかもしれません。情報が少ないものを取得したところで、評価がアップする可能性はとても低いからです。

もちろん、自身にとって必要で、どうしても受けたいのなら受験を考えてもよいでしょう。ただし、ほとんどの場合は、同じようなことが学べるメジャーなものがあるケースが多いので、そちらを探してみることをおすすめします。

公式ホームページを訪れたのなら、これまで集めてきた情報に間違いがないか確かめるために、全体に目を通しましょう。インターネットの個人ホームページでは間違った情報を載せている場合もあるため、公式ホームページで正確な情報を確かめることが大切です。

そして概要を読み終わって、受験したいと考えるなら、次は試験についての説明を読んでみましょう。そこには過去におこなわれた試験の合格率が掲載されているケースが多いので、難易度をハッキリさせられます。載っていないのなら、他のコンテンツも読んでみて合格率について言及されていないか目を通してみましょう。

それでも見つからないのなら、インターネットで合格率というワードを使っての検索をおすすめします。公式発表ではない合格率が見つかるかもしれませんが、ないよりはマシなので、しっかりと調べておきましょう。

あとは、それぞれの合格率を比較すれば、難易度が分かるので参考にすれば受験すべきものを決められます。即キャリアアップに繋げたいのなら難易度が低くても役立つものを選び、高みを目指したいのなら最高難易度にチャレンジしましょう。

なお、試験情報が載っているページには、次におこなわれる受験日も記載されています。どのような資格にチャレンジするとしても、ある程度の準備期間は必要となるので、受験日はしっかりと把握しておきましょう。受験日が分かれば、しっかりとスケジュールを立てて試験に向けて準備がおこなえます。

 

合格率が高くても高難易度の場合もある

公式ホームページを調べていると難易度が高いといわれているわりに、合格率がそこそこ高いものを見つける場合もあるはずです。合格率が高いのなら難易度が低いということなので、おかしいと感じるかもしれません。

その場合は公式ホームページに載っている受験条件の項目をきちんと読むことをおすすめします。そうすれば、ほとんどの場合は受験条件にいろいろと制限があって、誰でも受けられるものではないことが分かるはずです。

高難易度なのに合格率が高い資格の場合は、実務経験や知識を持っていることが条件となっている場合が多いです。つまり、経験や知識を持っている人が受験をしているため、合格率が高いのであって、試験自体の難易度が低いわけではありません。

そのため合格率だけを見るのではなく、しっかりと受験条件を確かめたうえで、取得すべきものを探しだしましょう。ちなみに、受験条件がまったくないものだとしても1級や2級や3級などが存在しているのなら気をつけなければいけません。

やはり、いきなり1級からチャレンジするよりも、2級や3級を取得してから受験するので、合格率以上の難易度があると考えたほうがよいでしょう。急いでいないのなら、まずは2級や3級を目指して勉強をして、取得ができたら1級へチャレンジをおすすめします。

それは例え2級や3級だとしても、持っていないよりは会社にアピールができるからです。いきなり高難易度の1級にチャレンジして失敗してしまったのなら、受かるまでは資格がない状況なので、何のアピールにもなりません。

 

人事や総務や経理の仕事での出世を望むのならば、難易度をしっかりと把握したうえで資格を取得しましょう。取得するものによって、会社へのアピールの度合いが違うので、後悔しないように慎重に選ぶ必要があります。

なお、どうしても取りたい資格があるのなら、難易度が高いからといって、断念する必要はありません。現在では、専門のスクールがあるので、そちらで講師に教えてもらえば、合格率をアップさせることができます。

もしも、スクールに通う時間がないのなら、通信講座の力を借りることを考えましょう。通信講座は自宅でスクールと同等の勉強ができるようになるシステムで、こちらも合格率をアップさせてくれます。

どちらとも、独学で勉強するよりも、ずっと合格しやすくなるので、取りたいものがあるのなら利用を考えてみましょう。費用はかかりますが、将来への投資だと考えるのなら、決して高くはない金額です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧