人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格を取るデメリットはある?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/21

人事・総務・経理に便利な資格があるといわれても、そのために時間などを取られるのはもったいないと感じている方もいるでしょう。

デメリットがあるのであれば、まずは取得を目指すことでどのような注意点があるのか整理することが大切です。

メリットだけではなくデメリットも考慮することで、自分に合った選択肢を探ることにもつながります。

 

気になる時間の問題を考えてみよう

人事・総務・経理の仕事に便利といわれて、資格の取得を考えている方もいるでしょう。ですが興味はあるものの、デメリットのほうが大きいというイメージを持っている方もいるかもしれません。そこでどのようなデメリットが考えられるのか整理して、自分にとって取得する価値があるのか考えていくのも1つの手です。

例えば人々が感じるデメリットの1つに、時間の問題があげられます。そもそも資格を取得したいと考えていても、その日のうちにできるというものではありません。試験日は年に数回のうえに、合格点を取るための勉強の時間も必要です。1発で合格できなければ、再度チャレンジするのに再び時間を消費することになります。

自分のステップアップになるといわれても、プライベートの時間が減ってしまうとストレスを感じやすくなる可能性もあるので注意が必要です。では時間に関するデメリットを克服するためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

そのためのポイントの1つが、時間が削られるではなく未来への投資だと考え方を変えることです。試験対策のために勉強した知識というのは、自分の仕事に役立てることが可能です。そして仕事で高いパフォーマンスを発揮することで、昇給につながるかもしれません。

プライベートの時間が少し減ったとしても、その分は給料などの形で自分に返ってくると考えるようにしましょう。また勉強でプライベートの時間が減るといっても、効率よく学習することでデメリットを少なくすることも可能です。

例えば仕事で忙しくて日中は学習時間が確保できない方は、睡眠時間を削るしかないと考えることもあります。ですが睡眠時間を削らなくても、電車での移動時間やテレビを見ている間のCM中だけ学ぶなど工夫次第で学習時間は確保できます。

CMの時間だけでは大した学習はできないと思う方もいるかもしれません。1分ほどの時間だけだとしても、テキストの数行を読んで理解することは可能です。小さな努力の積み重ねによって、少しずつ知識を身に付けていきましょう。時間が削られると考えるのではなく、自分で空いた時間を見つけて学んでいくことも大切です。

 

取得を目指すうえで無視できないお金の問題

人事・総務・経理の仕事に便利といわれても、お金の問題でためらってしまう方も多くいます。そこで取得を検討しているのであれば、どのくらいのお金が必要になるのか考えていくようにしましょう。

まず必要になる費用というのが、受験料です。実際にどのくらいの受験料が必要なのかという点は、試験を受ける資格に応じて異なります。また2給や3級などによっても変わってくるので、受験する内容ごとに確認することが大切です。

1回3.000円ほどで受けられるものもあれば、受験料が1万円近くかかることもあります。1万円支払うときくと、合格できなかったリスクを考えてためらってしまう方もいるかもしれません。

受験料の問題が気になる場合には、会社の補助制度がないか確認するのも1つの手です。会社によって特定の資格の取得を目指す場合、受験料の補助制度が用意されているケースも見られます。

補助制度を活用することによって、受験料の負担を減らすことにつながります。また実際に取得を目指す場合に必要なお金というのは、受験料だけではありません。試験を受けて合格を目指すため、その道のりで必要な勉強のためのお金を考えることも必要です。

まず押さえておきたい費用が、勉強のために必要なテキスト代です。このとき出題範囲が広いものだと、テキストの量や金額も増えるので注意しましょう。試験対策では独学ではなく、スクールや通信講座の利用を検討する方もいます。

スクールや通信講座を利用する場合、ある程度のまとまったお金が必要になります。例えばスクールの場合だと、1ヶ月で1万円以上かかる可能性もあります。

金額はスクールごとに異なるので、比較したうえでどのような環境を選ぶか検討することが大切です。実際に学習でスクールや通信講座を利用する場合、どのくらいの期間で学習するかは学ぶ内容や個人の状況に応じて異なります。

1ヶ月あたり1万円だとしても、1年間学んだらトータルで12万円の出費になります。また入会金やテキスト代が別途必要になるかもしれません。トータルの費用を考えたうえで、お金に関するデメリットを検討することが大切です。

 

本当に役立つ選択肢か考えよう!

人事・総務・経理に関連する資格の種類を調べてみると、さまざまな選択肢があることがわかります。ここで注意しなければならないのが、取得して役にたつものなのかという点です。

例えば複数の種類を取得しようと考えている場合、内容が似ているため勉強した時間が無駄になったと感じる可能性もあります。またテキストを買ってまで勉強するほどの内容ではないと感じる分野もあるかもしれません。

役立つといわれている資格でも、実際に取得を目指す価値があるのかという点は個人の状況に応じて異なります。だからこそ自分の状況を考慮したうえで、役に立つかよく考えて行動することが大切です。

事前に情報収集を行ったうえで判断することで、後悔するリスクを減らすことにもつながります。では取得する価値があるか判断するためには、どのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。

そのための注意点の1つに、内容をよく確認するという点があげられます。本格的に試験勉強などを始める前に、テキストをチェックしてどのような内容が学べるのか確認しましょう。事前の内容を確認しておくことで、自分が思っている内容と学べる分野とのズレをなくすことにもつながります。

また実際に取得した方の評判を参考にするのも1つの手です。評判を参考にすることで、学んだほうが考えている価値があるかどうかという点に関する情報を集められます。実際に学んだほうが価値はあって仕事に役立つと感じているのであれば、自分にとっても意味があるかもしれません。

自分の状況と学んだ方の意見を比較して、役に立つかどうか判断するようにしましょう。学習のための時間やお金がかかるときくと、デメリットのほうが大きいと感じてしまう方も多くいます。

ですが価値があるものを選ぶことで、自分の将来に役に立つ時間やお金の使い方をすることにもつながります。最初から無駄だと思うのではなく、使った時間やお金が将来的にどのようなプラスになるか考えて判断することも大切です。より良い判断ができるように、まずは情報収集をすることが必要です。

 

人事・総務・経理の仕事に役立つといわれても、時間やお金がかかるというイメージから資格の取得をためらっている方もいるでしょう。ですが受験料などの場合には、会社に補助してもらえるケースもあります。

また勉強のために時間は必要ですが、将来の自分のためへの投資と考えることで無駄にはならないのです。さらに隙間時間を効率よく使うことで、プライベートの時間もしっかりと確保しやすくなります。

実際に取得を考えるときには、どのような資格なら自分の将来に役立つか考えて行動することも大切です。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧