人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

通信講座で人事・総務・経理に便利な資格を取得するメリット

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/08

知識があることを会社に知らせるために、資格の取得を目指すことをおすすめします。

人事や総務や経理に役立つ資格がいろいろとあるので、自分がおこなっている仕事に関連するものを取得すれば、キャリアアップに繋がります。

ここでは通信講座での取得方法をご紹介していきます。

 

自宅で勉強できるのは大きなメリット

キャリアアップや転職のために、人事や総務や経理の資格を取得したいのなら、すでに会社で働いていることでしょう。そのためスクールを利用して、取得するための講義を受けようとしても、時間的に無理な状況の場合もあるはずです。

夜遅くまでやっているスクールもありますが、仕事終わりにスクールを訪れるのは、肉体的にも精神的にもつらいと考えてしまうかもしれません。通信講座ならば、スクールまで訪れる必要なく、自宅で勉強ができるようになるので便利です。早朝に頑張ることもできますし、土日にまとめて勉強することもできるので、忙しいと感じているのならピッタリの勉強方法だといえます。

なお、通信講座はスクールよりも、劣っている勉強法だと感じている方もいるかもしれませんが、現在ではスクールに負けない教材を使用しており、質問もできるようになっています。ただし、スケジュール管理は自分でおこなわなければいけないため、怠けてしまう人は、そのポイントだけはデメリットと感じるかもしれません。

もしも、スケジュール管理が苦手なら、延長サポートがあるところを利用すれば、試験まで間に合わなかったとしても勉強をそのまま続けられるので安心です。ほかにも、いろいろなサポートがあるので、自宅学習が不安なら、しっかりと支えてくれるところを利用しましょう。

ちなみに、本屋で販売されている書籍を利用すれば、通信講座と同じような勉強ができると考える方もいるでしょう。たしかに、合格率が高い簡単な試験ならば、市販本でも十分かもしれません。しかし、合格率が低い試験ならば、通信講座の教材を使ったほうがよいです。それは、簡単なものならばテキストを一冊用意すれば合格できる可能性がありますが、難しい場合はテキストを一冊勉強しただけでは合格は難しいからです。

結局、何冊も購入することになるので、まとめて通信講座の教材として手に入れたほうがよいです。市販品を何冊も購入する場合は内容が被る場合がありますが、教材ならば内容が被ることはないので効率的に勉強できます。もちろん、市販品よりも、通信講座の教材のほうが、より受験に適した対策がおこなわれています。

 

資格取得を得意とするサービスの通信講座で学べる

通信講座で人事や総務や経理の資格を取得しようと考えたのなら、通信講座の専門会社かスクールのどちらと契約するか決めましょう。どちらとも資格取得の専門のサービスで、どちらが優れているというわけではないため、好きなほうを選んで勉強を開始するとよいです。

各試験の内容を確認したうえで、効率的に合格するためのテキストを用意してくれているので、受かるための勉強をおこなえます。もちろん、それぞれのサービスで提供されるカリキュラムはまったく異なるので、適当なところを選んではいけません。

DVDを使って映像で学習ができるところなど、さまざまな工夫がされているので、自分に合ったカリキュラムを提供してくれるところを選びましょう。合わないカリキュラムは挫折に繋がるので、しっかりと調べたうえで通信講座を選ぶべきです。

なお、現在では専門会社もスクールも、公式ウェブサイトを用意してくれているので、まずはそちらで概要を確認してみましょう。費用はもちろん、どのくらいの期間で取得を目指せるのか記載もされているため、自身の将来設計に合わせて選ぶことをおすすめします。

試験の合格率などが載っている場合も多いので、いろいろな情報を集めて、納得できる通信講座を探す必要があります。そして、公式ウェブサイトだけでは、まだまだ情報不足なので、次は資料請求をおこないましょう。そこには、さらに詳しい情報が載っているため、たくさんの専門会社やスクールの資料を比べれば、最適なところを見つけられます。

ちなみに、資料請求は公式ウェブサイトからおこなえるため、申し込みフォームを探してみましょう。個人情報と知りたい通信講座を入力して、送信すれば、自宅まですぐに送ってくれます。もしも、試験の日程が迫ってきていて、時間がないと感じるのなら、電話を使って申し込んでみましょう。専門会社やスクールの受け付け時間内に問い合わせれば、さらに早く対応してもらえます。

 

受験条件を把握してから申し込むこと

人事や総務や経理に役立つ資格はたくさんあるので、とにかく速攻でキャリアアップに繋がる通信講座を選ぼうと考えるかもしれません。しかし、考えなしで通信講座を選んでしまうと、受験ができず、費用が無駄になってしまう可能性があります。その理由は、受験するためには条件が決まっているものがあるからです。その条件から少しでも外れていると、申し込んだとしても、試験を受けることはできません。

しかし、通信講座のほうは試験とはまったく関係がないため、受験条件を満たしていない場合でも問題なく利用ができます。つまり、条件を把握せずに通信講座を選んでしまうと、終了したあとで受験できないと知って、無駄な時間を過ごしたことに気がつく場合もあるでしょう。もしも、何かしらの資格を取得するために、通信講座を利用したいのなら、受験条件をしっかりと確かめてから申し込む必要があります。

例えば、税理士の資格は経理の仕事にとても役に立ちますが、受験条件には厳しい制限があります。学校で経済学の単位を取得していることや簿記1級に合格していることが条件になっているので、誰でも受験できるものではありません。また、実務経験も条件に関連してくるので、とても複雑なものになっているといえます。

自身が取得したい資格が、どのような受験条件になっているのかは、書籍やインターネットの情報をみればすぐに分かるので確かめてみましょう。なお、受験条件が複雑すぎて分からないのなら、そのときも通信講座が役に立ってくれます。それは、契約をする前に通信講座について、会社やスクールに問い合わせができるからです。

電話で連絡を取り、通信講座を利用したいと伝えて質問すれば、スタッフが詳しく教えてくれるはずです。会社やスクールのスタッフは専門家なので、間違いのないアドバイスをくれるため、安心して利用を開始できます。

契約してないのに質問するのは図々しいと考えるかもしれませんが、それを含めての商売なので、遠慮せずに聞きたいことは聞いてしまいましょう。ちなみに、簿記や公認会計士など、受験条件がない資格もあります。キャリアアップや転職に十分過ぎるほど役立つのに、誰で受験できる資格は意外と多くあるので探してみましょう。

 

受験条件がない、人事・総務・経理の資格ならば誰でも受けられるので、独学でも取得することは可能です。しかし、市販本で勉強したのでは、取得できるまでの期間が長くなる可能性があるので気をつけましょう。

もしも、キャリアアップや転職に役立てたいのなら、今すぐにでも取得したほうがよいので、短期間での取得を目指せる通信講座の利用をおすすめします。通信講座ならば、自宅で勉強できることはもちろん、効率を重視した教材を用意してくれるので、遠くはない将来にお目当てのものをゲットできます。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧