人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格は将来のキャリアプランに合っているかで選ぼう

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/05/21

人事や総務などの業務をおこなうときは将来のキャリアプランをよく考える必要があります。

長期的な視点を持つことで、より意欲的に確実に日々の業務をおこなっていけます。

日々のビジネスに関連する検定試験に合格すると、達成感を得ることができて日々の業務へ良い影響が現れます。

 

どのような行動を取るかを考える

人事の担当者は従業員のメンタルヘルス管理をおこなう必要があります。こうした業務をおこなうときは、メンタルヘルス・マネジメント検定などに合格すると良いです。

こうした検定試験の合格を目指すことで、メンタルヘルスに関する基礎知識を身に付けられます。検定試験の内容はさまざまで、部下におこなうべき助言などに関する知識も得られます。こうした検定に合格することは、キャリア形成において有益です。メンタルヘルスがビジネスの生産性に与える影響は大きく、こうした検定に合格するメリットはとても大きいです。

ストレスチェック制度が義務された今では、こうした検定の受験者が増えることが想定されます。どのような検定を受けるかを考える際には、どのような検定試験の需要が高まっているかなどを知るのが大切です。

総務の仕事は業務範囲が幅広くてさまざまな能力が求められます。総務担当者は従業員が働きやすい環境を整える必要がありますので、そのために必要な知識などを得るのも大切です。職場環境作りのアイデアを考えることなども、総務担当者に求められます。こうした知識を体系的に整理するために検定試験を受けるのは有益です。マイナンバー実務検定などの合格を目指すと、ビジネスに関するさまざまな知識を得ることができます。

気持ち良く職場で働くには職場が清潔で安全である必要があります。衛生面で特に注意する必要がある職場で働いているときは、衛生管理者の資格を取得すると良いです。どのような職場にいてどのようなキャリアプランがあるかで必要な資格は異なります。

ビジネス全体に良い影響を与えることはとても大切です。ビジネス全体を見る際には、ビジネスキャリア検定などの合格を目指すと効果的です。この検定に合格することで、ビジネス全体のマネジメントに関する知識を得ることができます。この検定試験に合格することで、ビジネスに対する見方も変わって、ビジネス全体に良い影響が現れます。

 

ビジネスにおけるさまざまな目的を持つことによって

人事担当者は社員のメンタルヘルス管理などをする必要があり、人事担当者に求められる細かいニーズに応えるのは大切です。関連する資格試験を取得するのは良いことで、キャリアコンサルタントなどは人事担当者の注目が高いです。キャリアコンサンタントの試験に合格すると、従業員一人一人の悩みに対するアドバイスのおこない方などを身に付けることもできます。

キャリアプランを考えるときは、ビジョンをどのように明確化するかを考えます。自分のキャリアプランにおいて必要なことは何かを考えるのは重要です。ビジネスに関する検定試験はさまざまで、メンタルヘルス・マネジメント検定に加えてキャリアコンサンタントの試験の合格をすると、より幅広い視野を得ることができます。

ストレス社会ではストレスに対処することが求められていて、関連する検定試験の存在を知るのは大切です。人事に関連する検定試験として、人事総務検定などもあり人気となっています。検定資格の存在を知って合格を目指すと、さまざまな相乗効果が生まれます。検定に合格することが、関連する知識を高めて日々の業務をより効率的におこなうことを可能とします。

経理部門でのキャリア形成を考えるときは、さまざまな実務検定の存在を知ると良いです。簿記検定などは経理担当者に人気で、こうした検定に合格すると簿記能力を高めることができて経理能力が高まります。経理担当者はビジネス全体を見る視点が必要になります。ファイナンシャルプランナーの資格なども経理担当者に人気です。

ファイナンシャルプランナーには財務に関する知識や保険に関することなど、幅広い知識が求められます。経理は精度の高い仕事を求められて、財務諸表の作成や月次や年次の決算業務や入金出金に関する業務をおこなう必要があります。こうした業務をおこなううえで、ファイナンシャルプランナーの知識はとても有益です。

経理に関する検定試験として、給与計算実務能力検定などもあります。日々の事務において給与計算は大切で、給与計算実務能力検定に合格するメリットは大きいです。

検定試験や資格試験を選ぶときは自分がしている業務との関連性を意識する必要があります。給与計算実務検定などはより日々の業務との関連性が高いです。日々の業務との関連性が高いとより意欲的に、検定試験合格への学習に励むことができます。

 

さまざまな試験の存在を知ることによって

ビジネスに関する試験はたくさんありますが、これから注目される資格や検定試験に絞るのも大切です。個人情報保護への意識が高まっている中、マイナンバー検定などはこれからも人気が高まりそうです。個人情報の取り扱いに対する意識が高まるにつれて、こうした検定試験への注目度も高まっています。早めにこうした検定試験に合格するメリットは大きいです。

メンタルヘルス・マネジメント検定なども注目の検定試験です。人気の検定試験に早めに合格することで、さまざまな能力をいち早くアピールすることができます。グローバル時代は貿易の重要性が高くなり、貿易実務検定なども人気の検定試験となります。

貿易実務を学ぶ際には貿易実務英語も学ぶ必要があります。こうした検定に向けて学習して合格することで、貿易に関する英語力も身に付けることもできます。

デジタル技術が発展する時代はPCに関する技術を身に付ける必要があります。PCに関する知識を身に付けるときには、便利なソフトをいかに活用するかを考えるのが大切です。ソフトの活用の仕方を覚えると、経理における会計処理も早くなります。検定試験に合格して得た知識は、PCスキルと上手く組み合わせるのが大切です。

資格や検定試験を受ける際にその難易度を考える必要があります。難易度によって必要な勉強時間は異なります。難関試験に挑むときはいかにモチベーションを得るかが大切で、仕事との関連を考える必要があります。難関試験に合格するには、時間を見つけて良いリズムで学習をする必要があります。目的意識を持つとモチベーションを持ってリズム良く学習を進めていくことができます。

 

資格や検定試験の合格を目指すときは今おこなっている業務との関連性を考えるのが大切です。人事や総務や経理の業務は幅広くて、さまざまな知識が求められます。

キャリアコンサンタントやマイナンバー検定などは人気があり、さまざまな人がさまざまなタイミングで合格を目指しています。

需要が高まる検定試験などは早めに合格しておくのが大切です。試験の合格を目指すときは先の展開を見据える必要があります。需要が高まる分野の知識をいち早く得ることで、キャリア形成が有利になります。

経理部門でのキャリア形成を考えるときは、より実務を意識するのが大切です。この部門に関する実務検定は日々の業務との関連性がとても高いです。実務に関する試験に合格すると、キャリア形成がかなり有利になります。キャリア形成をよく考えることが、よりモチベーションを持った学習に繋がります。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧