人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

転職をする際に人事・総務・経理の資格が便利になる?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/21

人事や総務さらには経理などの仕事に転職を検討しているという方も多くいるでしょう。

このようなときのポイントになるのが、人気の業界の場合は求人倍率が高いという点です。

そこで高い求人倍率を突破するために、少しでも有利になるための選択肢を把握しておくことも必要です。

 

資格で転職を有利に進めることはできるのか?

募集要項に書かれているわけではないので、人事や総務さらには経理の仕事探しにおいて資格は関係ないと考えている方もいるでしょう。経験不問の職種であれば、取得していることが必須条件というわけではありません。

ですが取得することによって、自分が持っている知識を証明することにもつながります。例えばパソコンの作業ができると口頭で伝えても、どのくらいの知識や技術があるかは相手にわかりません。そこで証明になる資格を所持していることで、自分がどのくらいのスキルを持っているのかアピールすることにもつながります。また取得を目指したということで、自分の向上心をアピールできるというのもポイントの1つです。

転職の際の面接で、自信のやる気を言葉で伝えることは可能です。ですが文章だけではなく、取得したという実績があることで形があるもので自分の実績をアピールできます。多くの方が応募している求人の場合、ライバルと差をつけることは大切です。そして差をつけるための手段として、どのようなスキルがあるのかアピールするのも1つの手です。

資格というのは、簡単に取得できるものではなく難易度が高い計画的な勉強が必要なケースも見られます。そのようなものを所持している倍、計画的に転職活動のために進めてきたなどのアピール材料とすることも可能です。

履歴書にも記入できるものなので、自己アピールの文章以外で自分のやる気を相手に伝えられる手段となっています。募集要項に記載していないものなのだから、意味はないと判断している方もいるかもしれません。

ですがプラスアルファの判断材料としてもらえるものなので、転職に役立てられる可能性も高いのです。少しでも転職活動を有利に進めたいと考えているのであれば、取得できるものはないか考えてみるのも1つの手です。

またメリットは転職活動を有利にすることだけではありません。転職した後の仕事で役立つスキルを得られるだけではなく、昇給のチャンスにつながる可能性もあります。職場によっては特定の種類のものを取得することで手当てが支給されるので、給料が増えるチャンスが生まれます。

 

どのようなスキルがあると有利か考えてみよう!

資格を取得していると転職に有利といっても、どのような種類のものでも持っていればいいというわけではありません。人事の仕事を目指すのに食に関する知識があっても、喜ばれるのは食品業界くらいです。会社の業務に関連することならともかく、基本的に職種に必要な知識が得られるかという点について考えていくことが大切です。

例えば人事の場合には、どのような知識が求められるのでしょうか。人事において大切な仕事というのは、人材の採用や配置転換などの管理です。適材適所に人材を配置することによって、社内の業務を円滑に進めていくことにもつながります。そこで人事に求められる知識には、勤怠管理や給料制度さらには福利厚生に関することなどがあげられます。

人事が人を管理するのに対し、総務では社内のなんでも屋といわれるほどさまざまな業務を扱っています。郵便物の取り扱いからOA機器や備品消耗品の管理など、社内の業務が円滑に進められるようにサポートをしています。

経理は会社のお金を管理して、利益や給料の計算にも携わる職業です。便利な経理ソフトが誕生しているといっても、人の手で管理しなければならない部分も数多く見られます。そして実際に経理で働くためには、数字に強いかどうかというのがポイントの1つです。

計算ミスによって会社が大きく損をする可能性もあるため、経験が重視される可能性も高いです。未経験で経理として働きたいなら、知識があると証明する資格を持っていると有利になるかもしれません。

仕事内容がわかったら、関連する知識としてどのようなことを学んでおくべきなのか整理していきましょう。自分に必要な知識などを理解した上で行動することで、ステップアップにつなげやすくなります。

具体的にどのような知識が必要かわからなければ、実際に働いている方の意見を参考にするのも1つの手です。働いている方に持っていると役立つ知識などの情報を提供してもらうことで、自分がどのような方向性を目指すべきなのか考えやすくなります。

 

持っていると便利なものについて考えよう

資格を取得したいと思っても、具体的にどのような種類がいいのか迷ってしまう方も多くいます。国家資格から民間のものまで数多くの種類があるからこそ、自分に合ったものを見つけるのに苦労してしまう方が多いのです。実際にどのようなものが必要なのか整理したうえで、自分に合った選択肢について考えていきましょう。

人事・総務・経理のステップアップのためといっても、1つの仕事に特化したものを選ぶ必要はありません。例えば秘書検定パソコンに関するものであれば、職種に関わらず社会人にとって大切なものが学べる可能性が高いのです。

また実際に取得を考えるうえで、自分の得意分野を伸ばすのか知識がない部分を補うのかというのもポイントの1つです。得意分野という場合であれば、取得のために試験が必要な場合でも勉強への負担が少なくてすみます。

転職活動をしたい時期まで時間がないという場合には、短い勉強期間でも取得が目指しやすいものを選択するのも1つの手です。社会に出たら、苦手な分野だからといって避けるのが難しいので注意が必要です。そのため苦手のまま放置するのではなく、資格取得を目指すという形で詳しくない分野に関する知識を得るのも選択肢の1つです。

詳しくない分野だと、独学で知識を身に付けていくのは大変ということもあるでしょう。そのような場合であれば、通信講座などを利用して効率的に学習することも可能です。

転職に役立てるためといっても、無理に自分の時間を削って勉強する必要はありません。有利になる可能性はありますが、無理に勉強してストレスをためていたら体を壊してしまうリスクもあります。

無理のない範囲でステップアップしていくことが、長い目でみるとプラスになるということを忘れないようにしましょう。また無理なく学べるようにするため、取得しやすさを考えてみるのも1つの手です。

検定試験がある場合でも、合格に必要な点数や合格率などの点には違いがあります。例えば合格に必要な点数が9割という場合だとハードルが高くなりますが、6割のものなら精神的な負担を減らせるかもしれません。自分の状況を考えたうえで、どのような選択肢が適切か総合的に考えていくことが大切です。

 

転職を少しでも有利に進めたいというのは、仕事を探している方に共通している願いです。そこで人事・総務・経理の仕事を少しでも有利に探すために、資格を取得するのも1つの手です。

仕事に役立つスキルを持っていると証明できるだけではなく、自分の向上心をアピールすることにもつながります。業務内容を理解したうえで、どのような種類のスキルを持っていると有利か考えて行動するようにしましょう。

また資格の種類も数多くあるため自分に合ったものを選ぶことも欠かせません。特定の職種に特化した知識ではなく、社会人として役立つ知識を得られるような種類を選ぶのも1つの手です。

おすすめ関連記事

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
サイト内検索
記事一覧