人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

人事・総務・経理に便利な資格の取得までの流れは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/22

人事・総務・経理に便利な資格を取得したいと考えている場合には、まずは全体の流れを把握しましょう。

流れを把握しておくことで、スムーズに取得までの道のりを進んでいくことにもつながります。

効率よく取得するためにも、どのような流れになるのか最初に確認しておくことが大切です。

 

最初は取得したい種類について考えること

人事・総務・経理に便利な資格を取得したいと考えている方もいるでしょう。ここでポイントになるのが、人事・総務・経理に便利な資格といってもさまざまな種類が存在しているという点です。そのため漠然と便利なものを取得したいと考えるのではなく、どのような種類が自分に合っているか情報を集めるところから始めましょう。

実際に調べてみると、人事・総務・経理に関連したものだけでも数多くの種類があることがわかります。適している種類は、個人の状況やステップアップしたい分野に応じて異なります。だからこそ自分の状況を整理したうえで、どのようなものが適しているか考えていくことが大切です。

例えば自分に合ったものを検討するときの方法の1つに、体験談を参考にするというやり方があります。人事・総務・経理で働いている方の体験談から、持っていると役立つ知識などの情報を集めましょう。それらの情報を参考にすることで、自分にどのような知識が必要なのか考えていくことにもつながります。

また人によっては、転職や就職に役立てたいと考えているケースも見られます。そのような場合であれば、履歴書に書くと評価が高いようなものを選びましょう。マイナーすぎるものを選択したら、自分にとっては勉強になっても履歴書ではアピール材料になりにくい可能性もありますアピール材料にしたいと思って取得を目指すのであれば、どのようなものなら高評価につながりやすいのかという観点から情報を集めるようにしましょう。

職場によっては、特定の資格を所有していると特別手当が支給されます。実際に特別手当が支給されるような種類のものであれば、会社が受験料などを補助してくれることもあります。補助制度を上手に利用することで、受験料の負担を少なくしてスキルアップが目指せるかもしれません。自分が欲しいものというだけで選ばずに、会社にサポート制度があるのかなどの点を確認したうえで判断することも忘れないようにしましょう。

 

試験日や内容などをチェックしよう!

人事・総務・経理に便利な資格の取得を目指したいと考えている方の中には、名称だけで選択してしまう方も多くいます。ですが名称だけで選んでしまうと、勉強を始めてから後悔するケースもあるので注意が必要です。

例えば人々が勉強を始めてから後悔する理由の1つに、試験日を確認していなかったなどの状況があげられます。実際に取得するためには、試験を受けて合格する必要があります。ですが年に1回しか試験日がないものを選んでしまうと、次の受験日まで1年近くある可能性もでてきます。

このとき就職や転職を考えて履歴書に記入できるようにしたいという場合であれば、試験日までが長いと履歴書に記入するのには間に合いません。自分が取得したい目的に合わせて、試験日も考慮して判断することを忘れないようにしましょう。

ほかにも取得を目指すうえで確認しておくべき点の1つが、試験の内容に関するポイントです。全問題がマークシート式の試験もあれば、筆記や面接を含むようなものまであります。

マークシート式の場合と、筆記や面接がある場合だと必要な対策が変わってきます。面接が苦手という方の場合には、マークシート式もしくは筆記のみのものを選びたいということもあるでしょう。そこで取得を検討する場合には、どのような試験の内容なのかという点も含めて判断することが大切です。

また名称だけで判断する場合に注意が必要になるのが、どのような内容のものなのかという点です。名称は内容を表せるように決められていますが、自分に必要なものか確認することが大切です。自分が思っていたのと違う内容だったという場合だと、勉強を始めてから後悔するかもしれません。後悔するリスクを少しでも下げるためにも、どのような内容が学べるのか事前に確認しましょう。

内容を確認する場合には、人事・総務・経理に便利かチェックすることも欠かせません。例えば評判なども含めて情報を集めることで、実務にも役立つ内容が学べるのか把握したうえで判断できます。

 

勉強する方法について考えてみよう

人事・総務・経理に便利な資格を取得するためには、試験に合格する必要があります。ある程度詳しい分野の種類を選んだとしても、試験では細かい知識を問われるケースもあるため対策が必要です。そこで取得までの流れを考えるうえでは、合格するためにどのような道のりが必要になるのか考えていきましょう。

試験対策として必要な勉強ですが、個人の状況や難易度などに応じて違いが見られます。ある程度の理解がある分野であれば、独学でも問題なく対応できるかもしれません。しかし難易度が高いもしくはもともとの知識がほとんどないような分野だと、独学で対応するのは難しいこともあります。

もしも独学での対応が難しいのであれば、スクールや通信講座の利用を検討してみましょう。スクールや通信講座であれば、独学で難しい内容でもわかりやすく理解していきやすくなります。

例えばスクールの場合は、わからない点があればすぐに講師の方へ質問ができます。一方で通信講座では、添削課題などを通して理解度を高めていくことが可能です。実際にどのような流れで学習を進めるのが適しているかという点は、勉強に使える時間や予算さらには試験までの日数などから考えていくようにしましょう。

スクールの場合であれば、週に1回同じ時間に通う必要があるなど時間的な縛りがあります。仕事が不規則な方だと、毎週同じ時間にスクールへ行くのは難しいかもしれません。そのような方は、独学や通信講座での学習を選択することも考えてみましょう。

またスクールや通信講座を選択して学習したい場合には、評判などをチェックすることも欠かせません。同じように見えるスクールでも、合格率などの点で違いが見られます。

支払った対価に応じた成果が期待できるようにするためにも、評判や実績などから判断することが大切です。具体的に勉強を進めていくときには、試験日までの日数を逆算することも必要です。試験日を意識して学習を進めていくことで、効率よく出題範囲をカバーしていくことにもつながります。より良い形で試験に挑めるようにするためにも、学習の流れを考えて進めていくことを忘れないようにしましょう。

 

人事・総務・経理に便利な資格を取得したいと考えている場合には、最初にどのような種類がいいのか検討することが大切です。取得可能な種類だけでも数多くあるので、特徴などを考慮して自分に適したものを選べるようにしましょう。

また試験日や試験の内容などをチェックして、自分に合っているものを探っていくことも必要です。実際に取得するためには、試験に合格する必要があります。

自分の現在の知識などを考慮して、独学だけではなくスクールや通信講座などを視野にいれて、より良い形で学習を進めていくための方法を検討することも必要です。全体の流れを考慮して、より良い選択ができるように考えていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!
第2位 衛生管理者
衛生管理者の画像
日商簿記検定の画像
記事一覧