人事・総務・経理のスキルアップやキャリアアップに役立つおすすめの資格をランキング形式でご紹介!

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング!

人事・総務・経理で頼りになる資格とは?

初めまして。

私は現在、夫と小さな会社をやっています。

社内の大まかなことを任されていて、一般的に言う人事・総務・経理の仕事に携わっています。

大きな企業ですと、人事部・総務部・経理部といったように部署が分かれているかと思いますが、うちはなんせ零細企業なので部署を分けずにやっています。

というのも人事・総務・経理は、どれも仕事の幅が広いですし切り離さず包括的に進められるほうが仕事が捗ります。

とはいったものの、私一人で人事・総務・経理を処理するのには無理があるので、社員1名、アルバイト1名を雇い3名で人事・総務・経理をやっているわけです。

専門職と違って、いわゆる事務作業が多い人事・総務・経理の仕事はパソコン操作がある程度可能ならできるだろうと考える方も多いと思いますが、実際には専門的な資格が存在しています

別に資格なんていらないよね、といった意見もありますが実際に資格があれば面接時に有利になることもあります

これから就職をする方や転職を考えている方、スキルアップを目指している方に、おすすめの取得しやすい人事・総務・経理に役立つ資格ランキングをご紹介したいと思いますので是非ご参考ください。

【人事・総務・経理】おすすめ資格ランキング一覧!

取得しやすい上どんな企業でも活躍できる資格

比較ランキング第1位は、給与計算実務能力検定です。

内閣府認可・一般財団法人職業技能振興会認定の検定試験、それが給与計算実務能力検定。

給与の計算業務について知識と遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与えてくれる資格となっています。

資格は種類によって活躍できる業種が限られてしまうものの、給与計算実務能力検定はどんな業種でも活躍できることが特徴

なぜなら、どんな企業や団体であっても給与の計算は行われているからです。

給与計算実務能力検定の資格を取得すれば、様々な企業や団体から求められる人材になれること間違いなしです。

おすすめポイント

Point 1. 比較的所得しやすく、どんな会社でも活躍できる資格!

Point 2. 高い需要に加え、自らのスキルアップにも最適!

給与計算実務能力検定の基本情報

基本情報 【一般社団法人実務能力開発支援協会】
住所:東京都千代田区神田神保町1-26 アイピー第2ビル2階
TEL:03-5283-6508
受験料 【2級】8,000円 【1級】10,000円
認定登録には別途2,000円。
2年毎に更新制度あり、更新料(5,000円)
合格率 【2級】約60%~82% 【1級】約27%~65%
活躍業種 給与計算が必要な全ての業種

給与計算実務能力検定の詳細情報

【就職・転職に役立つ!スキルアップや給与アップも期待できる】

様々なメリットのある給与計算実務能力検定。履歴書に書くと採用担当者の目を引くことができるので、就職や転職において大きな武器になってくれます。給与計算実務能力検定の資格を取得した人は人事労務業務における実務のプロフェッショナルといえます・・・

【どんな企業からも求められる給与計算のプロフェッショナル】

給与計算実務能力検定の資格が企業から求められることには理由があります。給与計算実務能力検定の資格では、給与計算の仕組みや根拠法令から学ぶことが可能。そのため、「知らなかった」というトラブルや「予期せぬミス」を防げるので・・・

【初心者でも合格可能!取得しやすい資格を探している方に最適】

求められる場面は多いのに、資格取得のハードルはそれほど高くないことが給与計算実務能力検定の特徴です。2級の合格率はおよそ60〜82%であり、1級でも合格率はおよそ27〜65%となっています。この数字を見ると・・・

第2位 衛生管理者
転職にも最適!取得しやすいのに需要の高い資格

比較ランキング第2位は、衛生管理者です。

労働安全衛生法により、常時50人以上が勤務する事業場においては衛生管理者を1名以上設置することが義務付けられています。

しかし、現在は衛生管理者の絶対数が不足していて、設置義務を果たせていない企業も多いです。

そのため、衛生管理者は今が取得のいい機会。

衛生管理者には第一種と第二種があり、どちらの資格を保有しているかによって活躍できる現場が異なるという特徴があります。

第一種の資格を持っていれば全ての業種で活躍することができます

一方、第二種の場合は有害業務と関連の少ない情報通信業や金融・保険業など限られた業種でしか活躍できません。

おすすめポイント

Point 1. 健康に働ける職場環境を整える仕事。キャリアアップにも最適!

Point 2. 保有者がまだ希少なため、企業からの需要が非常に高い!

衛生管理者の基本情報

基本情報 【安全衛生技術試験協会】
住所:東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL:03-5275-1088
受験料 【免許試験手数料】6,800円
合格率 45%(平成29年)
活躍業種 第一種:全ての業種
第二種:有害業務と関連の少ない業種(情報通信業など)

衛生管理者の詳細情報

【従業員が健康に働ける職場環境を整える仕事】

まずは、衛生管理者の具体的な業務内容を紹介します。企業で働く人の健康を保持したり、増進したりするのが衛生管理者の仕事です。医師の指示のもと、定期健康診断や健康被害の発生する可能性がある業務につく人への特殊健康診断を実施し・・・

【衛生管理者のメリット】

日商簿記検定などの有名な資格と比べると知名度は低い衛生管理者の資格。しかし、衛生管理者は厚生労働大臣指定試験・登録機関の公益財団法人「安全衛生技術試験協会」の試験であり、国家資格なのです・・・

【合格率は45%程度!6割以上の正答率で合格できる資格】

ここまで紹介したメリットに加えて、衛生管理者は比較的取得しやすい資格であることも特徴。合格定員がない上、正答率はおよそ60%を越えれば合格可能。論文や口述試験のない全問選択解答式なので、対策を立てやすい資格試験となっています・・・

様々な企業の基本ともなる実践的法務知識を学べる

比較ランキング第3位は、ビジネス実務法務検定です。

ビジネス実務法務検定は、様々なビジネスシーンで求められる実践的な法律知識を身につけられる資格です。

現代社会では企業が継続して活動していくために、一人ひとりがコンプライアンス能力を身につけてリスクを事前回避することが重要。

そのための基礎ともなる実践的な法律の知識を効率よく学び、能力を測れる試験となっています。

様々な企業のビジネスにおいて役立つ知識であるため、就職や転職はもちろん、キャリアップにも最適な資格です。

ビジネス実務法務検定は特に法務部門で求められる機会が多いため、法務で働きたいと考えているならぜひ取得を目指しましょう。

おすすめポイント

Point 1. 多くの企業が求める、実践的な法律知識が身につく!

Point 2. 学歴・年齢・性別・国籍などの制限はなし!

ビジネス実務法務検定の基本情報

基本情報 【東京商工会議所】
住所:東京都千代田区丸の内3-2-2(丸の内二重橋ビル)
TEL:03-3989-0777
受験料 【1級】10,800円 【2級】6,480円 【3級】4,320円
合格率 【1級】10.9%【2級】39.5%【3級】69%(2017年)
活躍業種 法務部門

ビジネス実務法務検定の詳細情報

【就職・転職やキャリアアップに最適!法務部門で求められる資格】

ビジネス実務法務検定には、主に3つのメリットがあります。
■ 企業が求めるリスク管理のスキルを身につけられる
1つ目のメリットは、幅広い法律の知識を取得できること。ビジネス実務法務検定では民法や商法を中心に、様々な法律の基礎知識を学ぶことになります・・・

【取得しやすい資格ではないかも?1級の合格率は10%程度】

次に、ビジネス実務法務検定の合格率と合格基準を紹介します。2017年の合格率は3級が69%、2級が39.5%、1級が10.9%となっています。1級と2級はある程度難易度が高いので決して取得しやすい資格とは言えませんが、3級ならある程度簡単に合格することができるでしょう・・・

【公式テキスト・公式通信講座があり学びやすい環境が整っている】

年に2回試験が実施されるビジネス実務法務検定。試験会場は全国各地にある上、学歴や年齢、性別や国籍などによる制限がないのでどんな人でも受験できる資格です。1級の受験は2級合格者のみに限られてしまいますが、3級を飛ばしていきなり2級を受験することが可能・・・

経理のエキスパートになるなら必須の資格

比較ランキング第4位は、日商簿記検定です。

日商簿記検定は、企業の経営活動を記録・計算・整理し、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

日商簿記では複式簿記が採用されていて、複雑な企業取引も数少ない取引要素で分類・整理することが可能。

総合的な経営情報を把握できるほか、この情報を基にして企業が追求する利益さえも確認できます。

主に経理や財務に役立つ資格、それが日商簿記検定の資格です。

多くの企業で日商簿記検定の資格取得が推奨されているほか、大学・短大の推薦入試や単位認定の基準に採用されている場面もあります。

年間だと約53万人の人が受験しているからこそ、社会的に高い評価・信頼のある資格試験なのです。

おすすめポイント

Point 1. 年間で約53万人が受験している、社会的にも信頼ある資格!

Point 2. 経理・財務担当だけでなく、学生や転職を考える方にもおススメ!

日商簿記検定の基本情報

基本情報 【東京商工会議所】
住所:東京都千代田区丸の内3-2-2(丸の内二重橋ビル)
TEL:03-3989-0777
受験料 【1級】7,710円 【2級】4,630円 【3級】2,800円
合格率 合格率:(2017年)【1級】8.1%【2級】32.7%【3級】46.5%
活躍業種 経理・財務部門(営業)

日商簿記検定の詳細情報

【日商簿記検定のメリット】

日商簿記検定の1番の魅力は、資格を取るメリットがビジネスパーソンだけに限定されない点にあります。年齢や性別、職業にとらわれずに資格を取得できるため、学生が取得する人生初の資格にもおすすめです・・・

【税理士・公認会計士を目指すなら必須!就職や転職にも役立つ】

就職・転職や社内評価アップにも役立つ日商簿記検定。日商簿記検定の2級取得を履歴書に書いておけば、書類選考で有利になること間違いなし。日商簿記検定の資格を持っていれば、昇給のチャンスも増えるかもしれません・・・

【日商簿記検定各級の難易度と学習時間の目安】

日商簿記検定の3級・2級は、上位何%が合格するといった競争形式の試験ではないため、必要な合格点を上回った全員が合格になります。つまり、資格取得のためにがんばれば確実に結果の出る資格試験なのです・・・

自分のパソコンスキルを証明できる世界共通の資格!

比較ランキング第5位は、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)です。

MOSとは、ExcelやWordなどMicrosoft Office製品の使用スキルを証明できる資格のこと。

MOSの特徴は、合否の結果が受験後すぐに判定されるスピーディーさにあります。

資格取得の当日から履歴書に記載できるため、「すぐにでも資格がほしい!」という方に最適な資格です。

そんなMOSは、日本はもちろん世界的に試験が実施されています。

世界共通の合格認定証やデジタル認定証が発行されるため、世界で通じるスキルを証明できます。

おすすめポイント

Point 1. 実務的なPCスキルを総合的に習得・証明ができる資格!

Point 2. 就職や転職時のアピールにも最適!合否も受験後すぐに判定

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の基本情報

基本情報 【株式会社オデッセイ コミュニケーションズ】
住所:東京都千代田区丸の内3-3-1(新東京ビル)
TEL:03-5293-1888
受験料 【スペシャリストレベル(一般)】
一般価格:10,584円(9,800円+消費税8%)
学割価格:8,424円(7,800円+消費税8%)
【エキスパートレベル(上級)】
一般価格:12,744円(11,800円+消費税8%)
学割価格:10,584円(9,800円+消費税8%)
合格率 未公表
活躍業種 人事・総務・経理などPCを使う業種

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)の詳細情報

【MOSを取得するメリット】

まずはMOSを取得するメリットについて紹介していきます。MOSを取得することには主に4つのメリットがあります。
■ 自らのパソコンスキルを客観的に証明できる
1つ目は、MOSを取得することで資格取得者のパソコンスキルを客観的に証明できる点です・・・

【独学または対策講座で勉強!公式サイトから対策講座会場を探せる】

MOSの学習方法としては、対策教材を使って独学で勉強する方法と、パソコンスクールなどで対策講座を受講して勉強する方法の2種類があります。MOSの対策教材は様々な出版社から販売されているので、書店や通販で簡単に手に入れることが可能です・・・

【試験会場は全国各地なので地方でもOK!合格率・合格基準は未公開】

次に、MOSの試験情報をお伝えします。MOSでは、全国一斉試験が毎月複数回開催されています。そのため、1度試験に落ちてしまってもまたすぐ挑戦することが可能。試験会場は全国各地にあるので、地方にお住まいの方でもMOS資格を取得できますす・・・

内閣府認可団体による認定!給与計算実務能力検定がおすすめ!


取得しやすい人事・総務・経理で使える資格第1位に選んだのは、給与計算実務能力検定です。

どの会社でも従業員のお給料を支払う上で、その知識・実務遂行能力が求められます。

単に雇用契約の労働条件に基づいて算出しているという単純なものではないのです。

給与計算を正しく行うためには、社会保険の仕組みや労働法令、所得税、住民税等に関する幅広い正確な知識が必要です。

会社としては、例えば新卒で同じ未経験者であっても資格を取得している人を採用したいと考えます。

同じ仕事を説明するにしても、理解度は給与計算実務能力検定1級・2級を取得している人の方が遥かに理解力が高いので当然のことだと思います。

給与計算の実務能力は、従業員の労働時間の集計・管理に始まり、毎月のお給料の計算、さまざまな手続き業務など、人事労務分野の基本かつ重要なスキルです。

この給与計算の実務能力が長けていると、人事・総務・経理で潰しがきくと言えるでしょう。

給与計算実務能力検定は、内閣府認可・一般財団法人職業技能振興会認定の検定試験となっており、全国共通で評価をしてもらえるので、給与計算実務能力検定取得後は、給与計算業務のスペシャリストとして活躍できること間違いないでしょう!

特に女性は男性と比較して、結婚、妊娠、出産などのライフステージの変化に伴い、転職なども多いと考えられますが、給与計算実務能力検定のような環境に左右されない資格を取得していると一生使える武器にもなりますので給与計算実務能力検定をおすすめします。

人事・総務・経理におすすめの資格BEST5を一覧表にしてみました

さて、本サイトでは人事・総務・経理におすすめの資格を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ専門的な資格なので、どの会社でも使えるので取得して損はないでしょう。特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各資格の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
資格名給与計算実務能力
検定
衛生管理者ビジネス実務法務
検定
日商簿記検定マイクロソフト
オフィス
スペシャリスト
(MOS)
特徴給与計算業務の知識・遂行能力を判定労働安全衛生法に基づく免許試験あらゆる職種で必要となる法律知識を習得可能企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能の習得度を測定マイクロオフィス製品の利用スキルを証明
試験日年2回年に複数回年2回年2回毎月複数回
受験料1級:10,000円
2級:8,000円
6,800円1級:10,800円
2級:6,480円
3級:4,320円
1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,800円
【スペシャリストレベル(一般)】
一般価格:10,584円
学割価格:8,424円
【エキスパートレベル(上級)】
一般価格:12,744円
学割価格:10,584円
問合せ03-5283-650803-5275-108803-3989-077703-3989-077703-5293-1881
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは特徴などの違いといったところでしょう。

また、人事・総務・経理におすすめの資格として、業務に役立つことは大前提ですが、取得後の給料やキャリアアップの方向性などにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった資格を取得し、今後のスキルアップにつなげていただければと思います。

人事・総務・経理の仕事内容とは?


会社の中で人事・総務・経理の仕事とは、具体的にどういった仕事内容なのでしょうか。

会社は大きく「人・物・金」の3つで分けて考えることができます。

人事・総務・経理の仕事をそれぞれ比較していきたいと思います。

■ 人事

人事の仕事は下の3つであると言えるでしょう。

・会社で働く(支えてくれる)人材
・人材の管理
・より生産的な人材の活用(配置転換・異動)

「人・物・金」で言うと人と人に関するお金を扱うイメージです。

会社で働いてくれる人が居なければ、どんなに素晴らしいシステムやサービス、商品を提供している会社であっても、経営が成り立ちませんよね。

また給料制度、勤怠管理、福利厚生等に関する手続きの業務を行います。

■ 総務

人事は「人・物・金」で言うと、人と人に関するお金を扱うイメージでしたが、総務は人事と比較した場合、「人・物・金」の3つ全てを扱います

・人事
・経理
・法務
・広報

といったところでしょうか。

もう少し細かく見ると、郵便物の取り扱い、OA機器や備品消耗品の管理、社用車の管理、勤怠管理、来客対応、健康診断の実施、雇用の手続き、福利厚生、従業員の出産の給付金の手続き等、列記できないほど多岐に渡ります。

総務=社内のなんでも屋に当てはまることが多いと思います。

■ 経理

経理は「人・物・金」のお金の部分です。

これはイメージがしやすいのではないでしょうか。

会社のお金を管理し、利益や資産を把握します。

業務内容としては以下のものが例として挙げられます。

・日々の売り上げ管理
・仕入れ管理
・給与、保険の管理(計算)
・税金の計算
・決算報告書の作成

人事・総務・経理の仕事内容をザックリとですが比較してみてお気づきになった方も多いと思いますが、給与・給与計算に関しては人事・総務・経理どの仕事でも携わることになります

大きな企業だと経理専門の部署や人事総務も独立していますが、うちのような小さな会社だと、一人や数人で、人事・総務・経理を行うことも多いです。

資格は必要なの?


人事・総務・経理などの求人は資格不問のケースも多いので、資格を重要視していない方も多いのではないでしょうか。

冒頭でも書きましたが、資格が無くてもできることもありますし、多少の経験があれば資格が無くても採用されることもあります。

けれど、資格が無い方と資格を取得している方を比較した際、採用される確率が高いのは資格を取得している方だと言えると思います。

資格を取得している方の採用率が高い理由を上げていきましょう。

■ 向上心をアピールできる

人事・総務・経理の仕事は、縁の下の力持ちのような立場の仕事です。

どの会社でも求められる大切な仕事ですが、営業職のような華やかさはありません。

なのでなかなか面接の際などに自己アピールがしにくいという難しさがあります。

一生懸命がんばるというその気持ちと熱意を、しっかり伝えるために資格を取得していると形としてアピールしやすいと思います。

例えば、新卒で社会人経験がないとしても就職活動中に自分の将来を見据え、きちんとビジョンをもって生活をしてきたしっかりとした人だという印象を面接時や履歴書を見た際に相手に伝えられるのではないでしょうか。

■ 給料アップに繋がるケース

資格を取得していることで給与がプラスアップされるケースもあります。

資格を取得している=スキルや知識の高い人材になるので、資格の無い方と比較し資格を取得している方の方が評価は高くなるでしょう。

気になる資格の種類


人事・経理・総務の仕事をする上で自分自身のスキルアップになる資格にはどんなものがあるでしょうか。

今回、このサイトで取得しやすい人事・総務・経理で使える資格をご紹介していますが、その他にも気になる資格があります。

皆さんのスキルアップの参考になったら嬉しいので気になる他の資格についても少しこちらでご紹介したいと思います。

それぞれを比較しながら是非お読みください。

メンタルヘルスマネジメント検定


人間生きてるとさまざまな悩みやストレスがありますよね。

心の不調は休職者や離職者も増加させるため、ストレスは現代日本の社会問題にもなっています。

会社としても従業員のストレスやその原因となる問題に対処する取組みが求められています。

メンタルヘルスマネジメント検定は、働く人たちの心の不調を防止し、働きやすく活力のある職場づくりを実現するのに必要な、メンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を身につけることができる資格です。

受験資格は無く、誰でも希望のコースを受験できます。
(学歴・年齢・性別・国籍などの制限無し)

メンタルヘルスマネジメント検定には3つのコースがあります。

・Ⅰ種(マスターコース)人事労務管理スタッフ、経営幹部対象
・Ⅱ種(ラインケアコース)管理監督者(管理職)対象
・Ⅲ種(セルフケアコース)一般社員対象

2018年11月に行われた第25回の公開試験結果https://www.mental-health.ne.jp/data/を見ると分かりますが、Ⅲ種は合格率85.5%に比較してⅠ種の合格率は20.2%と低くなっています。

2017年に行われた第23回ですと、Ⅰ種の合格率は18.7%と更に低くなっています。

秘書検定


社会に出て働く上で必要となる、基本的常識を検定問題として出題検定しているのが秘書検定です。

短大、大学で取得する方も多いと思います。

秘書検定は4つの級に分けられています。

・3級
・2級
・準1級
・1級

難易度は1級に近づくにつれ上がっていきます。

等級の内容等を軽く比較すると3級は高校生レベルになり、新卒で就職活動を意識するなら3級が目安になるでしょう。

スキルアップを目指すなら、ここは迷わず1級をおすすめします。

ITパスポート検定


パソコンの仕組みを基礎から理解しているか、情報処理についての知識があるかを検定では求められます。

他のIT系の資格と比較して難易度は低いので、IT系で仕事をされている方にはあまり向かない資格かと思います。

人事・総務・経理で仕事をしたいと考える人は、ある程度のパソコンススキルがある方だと思います。

パソコンを理解しているとアピールするのに向いている検定だと思います。

合格率は50%前後になっています。

マイナンバー実務検定


国民1人1人に12桁の番号を割り当てるマイナンバー制度が始まった事により、人事・総務・経理を担当している方は、会社内でもマイナンバーを取り扱うことが増えたかと思います。

マイナンバーの取り扱いには万全を期さないとなりません。

マイナンバー検定は、マイナンバーに関する法律等を理解し、マイナンバーを適正に取り扱うことができる知識があるかを検定します。

マイナンバー実務検定は1級~3級まであり、1級と2級、3級と2級というように併願が可能です。

他の資格と比較して合格率95%ですので、比較的容易な検定といえます。

ビジネス・キャリア検定


ビジネス・キャリア検定は、厚生労働省職業能力開発局能力評価課所管の特別民間法人である中央職業能力開発協会(JAVADA)が実施しているので公的な資格とされています。

ビジネス・キャリア検定は、仕事ができる人材に求められる能力を8分野・3等級制度で分けたものが実施されています。

※生産管理、ロジスティクス等、BASIC級・1級が存在しない分野も有り。

試験分野は以下の8分野です。

・人事、人材開発、労務管理
・経理、財務管理
・営業、マーケティング
・生産管理
・企業法務、総務
・ロジスティクス
・経営情報システム
・経営戦略

8分野を網羅することができれば、さまざまな知識をも見つけられるのでスキルアップに繋がる印象がありました。

ランキング以外に、5つの資格をご紹介しました。

この5つの資格以外にも多数あるので気になる方は、是非検索してみてください。

スクールに通わないとだめ?


人事・総務・経理で仕事をするならば、資格は無いよりも取得している方が絶対的に良いというのは、皆さんにも伝わったと思います。

では次に資格を取得する方法について考えてみたいと思います。

資格を取得するとなるとスクールに通わなければならないの?と思う方も多いでしょう。

人事・総務・経理で仕事経験が無い方は特にそう思うかも知れませんね。

資格を取得するために、イチから細かく学べるのでスクールできっちり学びたい!という方もいると思います。

先にお伝えしますが、人事・総務・経理で仕事をするために、人事・総務・経理でスキルアップを目指すための資格取得を目的として、スクールにわざわざ通う必要は無いと私は考えています。

時間もお金もあるからスクールに通いたい!という方は、スクールに通えば良いと思います。

ただし、決して費用は安くなく、年間400,000円がスクールの費用相場と聞きます。

なかなか高額だと思いませんか?

大学を卒業し1~2年スクールに通ってから就職活動をする。

転職を期に1~2年スクールに通ってから就職活動をする。

勿体無い感じがします。

私のおすすめする人事・総務・経理で使える資格の取得方法は、時間とお金をかけずに取得する方法です。

無理なく資格取得を目指す


人事・総務・経理で使える資格を取得するために、スクールにわざわざ通う必要は無いと考えています。

もちろんきちんと学び、身に着けることは重要ですが、それよりも大切なのは今ある生活や仕事にストレスや圧迫を感じさせない方法と手段で資格を取得することではないでしょうか。

夜間スクールに通い学んで資格を取得するという方法もありますが、現実的にはかなりハードです。

資格取得のために行う勉強の負担が大きくて、今ある生活や仕事に影響が出てしまっては元も子もありませんよね。

資格の種類にもよりますが、多くの資格には通信講座があります。

通信講座のメリットは、何と言っても、自分の時間、タイミングで無理なく学習をすすめられるということではないでしょうか。

そして通学と比較して、費用が手頃になることです。

通信講座の学習方法ですと、テキストのみの通信講座と、テキストとDVDのセットの講座が多いような印象を受けました。

DVDはテキストだけでは足りない、分かりにくい箇所を視覚と聴覚から情報を得られるのが良いですよね。

しかし、それでも分からないことが出てきたときどう対応してくれる講座なのかは確認しておくと良いでしょう。

通信講座で学ぶ際、試験前に直接学べる、講座を開いているところもあるので、同じ通信講座でも、通信のみではなくそういった講座があるところのほうがおすすめだと思います。

今回、取得しやすい人事・総務・経理で使える資格について、資格の必要性と併せてご紹介しました。

人事・総務・経理は切っても切れない仕事内容の縁があります。

取得しやすく、人事・総務・経理のどれでも使える資格として第1位に給与計算実務能力検定を選びました。

給与計算実務能力検定の内容は、どんな業界の人事・総務・経理からも求められる知識だと思います。

資格を取得することはとても良いことですが、普段の仕事や生活に負担の無い範囲で学べるようにする事が、スキルアップを実現できるコツではないでしょうか。

2位以降の資格についても、人事・総務・経理に転職したい、スキルアップしたいとお考え方の参考になるかとは思いますので、是非お読みください。
 

 

 

記事一覧

人事・総務・経理の仕事に関わる場合、その企業の規模によって仕事の範囲が違う場合もありますが、専門的な資格がある ・・・[続きを読む]
人事や総務、経理に必要な資格を取得したいと思っていても、なかなか合格できないという人もいます。 能力やスキルの ・・・[続きを読む]
社会で活躍できる人材になるためにはやはり自分自身でスキルを磨いていくといったことも必要になってきます。 そのた ・・・[続きを読む]
知識があることを会社に知らせるために、資格の取得を目指すことをおすすめします。 人事や総務や経理に役立つ資格が ・・・[続きを読む]
人事や総務、経理という部署は、専門性としては一般的ですが、事務的な面というのは、どの企業においても経営の土台を ・・・[続きを読む]
人事や経理もしくは総務などの仕事のために、資格の取得を検討しているという方もいるでしょう。 実際に取得するため ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理などの仕事に役立つ資格の取得を検討している方もいるでしょう。 ここでポイントになるのが、どのよ ・・・[続きを読む]
人事や総務や経理の資格を取りたいのなら、適当に選んで勉強を始めるのではなく、難易度をしっかりと把握する必要があ ・・・[続きを読む]
経理の仕事内容ってどんなものか知っていますか? 今回は経理の仕事内容について日常業務や月次業務、年次業務に分け ・・・[続きを読む]
どの会社でもある総務ですが、仕事内容は多岐に渡り何でも屋のイメージがあるでしょう。 実際に社内にある多くの部署 ・・・[続きを読む]
人事や総務、経理というように、会社の内部で仕事をする部門の人はたくさんいます。 このような部署に所属するために ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理などの仕事のために、資格の取得を検討している方も多くいるでしょう。 実際に取得を目指すときには ・・・[続きを読む]
人事総務担当や経理担当に代表されるバックオフィス系の資格は受験対象者に実務経験が必要とされることが少なく、学生 ・・・[続きを読む]
専門的な知識を持っていたほうが、人事や総務や経理の仕事をするうえで有利になるのは理解できます。 しかし漠然と知 ・・・[続きを読む]
事務職を目指す上で給料計算のための資格をとることに関心を持つ人はあまりいません。 しかし、資格取得を目指したと ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理などで役立つ知識を得るため、資格を取得しようと考えている方も多くいるでしょう。 そのような方の ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理などに関わる資格を取るためには、試験に合格する必要があります。ここで問題になるのは、どのような ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理部門の担当者であっても、長く仕事を続けていくためにはキャリアアップが欠かせません。 キャリアア ・・・[続きを読む]
人事総務経理の仕事をしている方、またこれからそういった仕事に就きたいと思っている方にとって、資格取得は非常に魅 ・・・[続きを読む]
ビジネス関連の資格は数多くありますが、仕事をスムーズにおこなえるような知識を得られるもの、対外的に自分の知識を ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理に便利な資格を取得したいと考えている場合には、まずは全体の流れを把握しましょう。 流れを把握し ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理として活躍するには、取得しておくと有利になりやすい資格が幾つかあります。 今から就職や転職、キ ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理の仕事で役立てるために、資格の取得を検討している方もいるでしょう。 そのようなときのポイントに ・・・[続きを読む]
会社は、その収益を確保するための商品やサービスがあり、商品やサービスを売り込む部門は花形の部門といえます。 新 ・・・[続きを読む]
人事や総務さらには経理などの仕事に転職を検討しているという方も多くいるでしょう。 このようなときのポイントにな ・・・[続きを読む]
人事や総務、経理は、財務や経理面で優れた専門性を証明する資格が転職への成功をさせるということがあります。 起伏 ・・・[続きを読む]
人事・総務・経理に便利な資格があるといわれても、そのために時間などを取られるのはもったいないと感じている方もい ・・・[続きを読む]
管理部門は、人事・総務・経理などのセクションから成り立ちますが、一般的には専門的な知識がなくても誰しもができる ・・・[続きを読む]
人事や総務などの業務をおこなうときは将来のキャリアプランをよく考える必要があります。 長期的な視点を持つことで ・・・[続きを読む]